このレシピについて

いわゆるお婆ちゃんの知恵「大根あめ」。
子供の頃風邪をひくと、この「大根あめ」をおばあちゃんに飲ませてもらってた人も多いのでは。
これが、よく効くんですよ!
生の大根に含まれるジアスターゼという消化酵素には抗炎症作用があり、ハチミツの殺菌・抗菌作用と相乗効果で炎症を抑え、粘膜を守ります。
先人の食の知恵、あなどるべからず。
ちゃんと体の理にかなっているのですよ。

コツ・ポイント

【注】一歳児未満のお子さんは、ハチミツに対する抵抗力がないので与えないでください。

■生の大根に含まれるジアスターゼという消化酵素には抗炎症作用があり、ハチミツの殺菌・抗菌作用と相乗効果で炎症を抑え、粘膜を守ります。

材料 (作りやすい分量)
・保存容器(ジャムのガラス瓶など)…1個
・大根…適量
はちみつ…大根が浸かるまで
作り方

保存ビンはできれば湯を沸かした鍋で5分茹でて煮沸消毒(鍋から引き上げたら自然乾燥)、または焼酎で拭いて消毒してください。

せき止めシロップ

大根をサイコロ状、または棒状に切ってビンにつめたら、大根が完全に浸かるまでハチミツを注ぐ。
常温で1〜2日置いて完成。

保存は冷蔵庫で。
出来上がったシロップをのどが痛い時やイガイガする時、寝る前にスプーン1~2杯飲む。

大根が常に蜂蜜につかっていれば、継ぎ足し継ぎ足し、何年ももちます。
薬の嫌いな子供もこれなら喜んで飲めるし、効きますよ。

せき止めシロップ

コップに大根あめと、くず粉をスプーン1杯、お湯を注いで葛湯にして飲んでも。
くずは体を温め、お腹の調子を整えてくれます。