ベジセーフ使い方

こんにちは! 編集部です!
今回は【ベジセーフ】のレビューです。

ベジセーフって実際どうなの?本当に農薬は落ちているの?など気になることってたくさんありますよね!
今回は細かく!レビューしていきたいと思います!!

◾︎どうしても気になる残留農薬。あなたのお家は大丈夫?

―日本は農薬使用量が世界でも上位!?野菜を安全に食べる方法は?

昨今の健康志向の高まりから「子供に安全安心な野菜や果物を食べさせたいけれど、野菜や果物に残る残留農薬が気になる・・。」というママさんが増えてきている一方で、「ただ無農薬野菜や有機野菜は価格も高いし、どうしよう・・。」と悩まれているママさんも多いと思います。ここではそんなママさんのお悩みを解決できる残留農薬や展着剤など野菜表面に付着する汚れをスッキリ除去できる野菜洗い専用のお水「ベジセーフ」をご紹介致します。
ベジセーフ写真

その前に、日本と農薬の関係を少しご説明致します。実は日本は農薬使用量が世界でも上位に位置していると言われています。広大な農地を持つアメリカ農業では小麦や大豆など農薬をあまり使わなくても栽培できる作物の割合が高いのですが、日本の高温多湿な気候や条件等で栽培しやすい作物がトマトやキュウリ、ナス、リンゴやイチゴなどの果樹類が多いため、どうしても病害虫の発生が多い事が要因になります。日本は狭い面積で効率良く収穫量を上げる農地集約型のため、農薬を散布する回数や量がどうしても必要になってしまうのです。
農薬の多い食品ランキング

そうなるとやはり気になるのがトマトやキュウリなどの野菜や果物の残留農薬。「子供達にはできるだけ安全な食材を食べさせてあげたい・・。」というママさんの思いから開発されたのが、界面活性剤などの科学物質を一切使わず、残留農薬をスッキリ除去できて安心安全な野菜洗い専用のお水「ベジセーフ」なのです。
ベジセーフHP TOP

―残留農薬をすっきり除去!家庭を守るママさん愛用「ベジセーフ」

ベジセーフは99.9%の純水と0.01%の炭酸カリウムだけが入っているアルカリイオン水なのです。
「え、アルカリイオン水ってあのよく飲料水として売っているあのアルカリイオン水ですか?」
そうです!しかしただのアルカリイオン水ではありません。水洗いだけでは落とせない野菜・果物などの食材の残留農薬・展着剤などの薬剤、その他の菌などもイオンの力でスッキリ落とす事ができるように開発されたアルカリイオン水なのです。そこには大きな秘密が隠されているのです!
まずは論より証拠、ベジセーフがどれだけ汚れを落とせるか検証致します!
※展着剤とは農薬が野菜や果物へ付着しやすいようにするための糊の役割をする薬剤の事です。

◾︎徹底検証!ベジセーフはvs残留農薬!

―トマトにベジセーフしたら?

それでは実際にベジセーフが本当に残留農薬などの汚れを取れるのか検証してみたいと思います。
まず家庭でもよく食べる機会が多いミニトマトをベジセーフで洗ってみたいと思います。
まずはスプレーでシュッシュッ!
トマトの写真
スプレーし、全体に馴染ませるようになで洗いをします。さぁどうなる!!
トマトから黄色い液体が!

なんと!!黄緑色の液体が流れ出ています。これがトマトに付着していた展着剤になります。さらにトマト表面の触り心地もキュッキュッしていて、ベジセーフをかける前とは全く違っています。正直、周りをコーティングしていた膜みたいなものが落ちてトマト本来の皮を触っている感じです。

この黄色い液体を見ると、トマトの色素なのでは?栄養も一緒に流れでてしまっているのでは?と思いますよね。

栄養が流れ落ちてしまっていないことは、栄養分流出試験を行い、証明されています!!
栄養が落ちていないエビデンス

 

また、トマトの色素ではない証拠に、一度ベジセーフしたトマトに再度ベジセーフを吹きかけても、黄色い液体は出てこないんです!!!

―ピーマンにベジセーフしたら?

次は夏野菜の代表のピーマンで試したいと思います。
ピーマンの写真

こちらも先ほどと同じく、スプレーをしてからなで洗いを行います。

ピーマンからも先ほどと同じ黄緑色の液体が出てきました!ピーマンの表面も先ほどよりキュッキュッと手触りが全然違います!

最後にトマトとピーマンを水道水で洗い流します。そして、水洗いしただけのプチトマトとイチゴとベジセーフで洗ったプチトマトとピーマンを食べ比べてみました。
おいしそうなピーマン

味と歯ごたえが全然違う!!
ベジセーフで洗った方が野菜本来の甘みを感じますし、何より歯ごたえ・歯ざわり弾力が違います。トマトはプチッと、ピーマンはシャクっと、野菜本来のハリとツヤが蘇った感じです。これなら野菜が苦手なお子様も野菜を美味しく食べてくれると思います。
そう、ベジセーフは汚れを落とす事により、食材の美味しさをより引き出してくれるのです。
トマトの写真

◾︎ベジセーフ驚異の農薬除去力!その秘密は?

―その正体はPH12のアルカリイオン水素水!

なぜベジセーフはただの水なのに、こんなに残留農薬を除去できるのでしょうか?

それはベジセーフに含まれるマイナスイオンが食材に付着する残留農薬や展着剤などの薬剤に含まれるプラスイオンに吸着し、食材と汚れを分離させます。イオンの力で食材から汚れを落としているからなのです。
汚れが落ちる仕組み

まずベジセーフの仕組みを説明します。

ベジセーフは純水と炭酸カリウムを電気分解して、99.9%の純水と0.01%の炭酸カリウムのみで出来ているアルカリイオン水になります。純水とはRO膜というろ過膜をフィルターとして使って、水以外の0.0001ミクロン以下の不純物を取り除いて作った高純度の水の事で、炭酸カリウムとは麺や豆腐などの食品製造にかん水として用いられる安全性の認められた指定食品添加物です。ラーメンの麺を作る時にかん水を加える事で中華麺独特のコシや弾力、歯ざわりが良くなったりするので、ラーメンには欠かせません。それらを電気分解し、炭酸を揮発させ、純水とカリウムだけを成分とした電解水なのです。なので着色料、香料、界面活性、防腐剤などは一切入っておりません。
ベジセーフの成分

そして注目はベジセーフがPH11,5のアルカリイオン水という事です。

PHとは水素イオン濃度の事で、その液体に水素イオンがどのくらい入っているかを表すための単位です。水素イオンの濃さにより0~14で表示され、PH7が真ん中で「中性」となり、PH7以下が「酸性」、PH7以上が「アルカリ性」となります。水道水ではPH6~8、通常のアルカリイオン水でもPH8~9なのです。アルカリイオン水は女性や健康志向の高い方に人気で美肌作りや肌荒れ・腸内環境の改善の効果もあるお水です。

PH濃度が高い=アルカリ性が強いという事で汚れは基本的に酸性であるため、アルカリ性が強い程汚れに強くなります。アルカリ性質の水はイオンの効果により汚れを包みこむ界面活性効果を発揮します。汚れと食材の間に浸透し、汚れを浮かび上がらせるのです。
ベジセーフは薬剤一切不使用でイオンの力のみで汚れがスッキリ落ちるようPHを設定したスーパーアルカリイオン水なのです。

―ベジセーフは安全?体に影響はない?

「ベジセーフがアルカリ性で、汚れを落とす力がある事はわかりました!アルカリ性が高いのは体への影響はないのでしょうか?」

ベジセーフの成分は99.9%の純水と0.01%のカリウムのみ!野菜洗いに最適なPH濃度を実現したお水ですので、体に有害な物質は使われておりません。一般的に販売されている洗剤や洗浄用アルカリイオン水とは違い、防腐剤、着色料、界面活性剤などの薬剤の類も一切使われておりませんので、人にも自然にも優しく、安心して使う事ができます。無香料・無着色・無刺激なのも嬉しいポイントです。
そして、ベジセーフは吹きかけて数秒後には、空気に触れる事でただの水に戻る還元性質がありますので、人体への影響はありません。またその効果や人体への安全性において予防医学の権威でもあります辻クリニック理事長 辻直樹先生の監修も入られておりますので、その安全性もお墨付きです。
辻先生も推奨

さらに第三者機関である「一般社団法人・日本食品分析センター」にて成分試験・皮膚安全試験・食材の栄養分流出試験を行っており、全て問題ない事が確認されております。
※一般社団法人・日本食品分析センターとは食品の栄養表示・賞味期限設定のための試験、衛生・品質管理のための検査や分析を行う試験機関になります。
エビデンス

同じく日本食品分析センターにて同じ条件の下、ベジセーフで洗った場合と水道水洗いで食材を洗った場合の比較試験を行った所、水道水で洗った場合には4種類しか確認できなかった農薬がベジセーフで洗った場合には8種類も確認できました!
洗い流せた農薬の中でも20倍以上の差が出たのが「チアベンタゾール」になりまして、こちらは殺菌剤・防カビ剤の一種になります。「チアベンタゾール」は染色体異常や発ガン性などの危険性が疑われている食品添加物になりますので、少しでも気になる方はベジセーフを使用し、安全安心な状態にしてから召し上がって頂く事をオススメ致します。
水道の約20倍の農薬が落ちている

―除菌力だけじゃない!鮮度も長持ちできてママさん大喜び!

実はベジセーフは農薬・展着剤の除去をする力だけではなく、食材の鮮度を長持ちさせる鮮度保持力も持ち合わせております。食材の鮮度が落ちてしまい、風味が損なってしまう原因は食材が「乾燥」と「酸化」してしまう事にあります。ベジセーフで洗われた食材はイオンの力で酸化から守られる事になりますので、食材がしおれたり、変色したりするのを防げますし、通常の水洗いでは落とせなかった表面の汚れや油分が落ち、水分が全体に行き渡る事で冷蔵庫の乾燥にも強くなり、長持ちするという効果があります。

実際に試してみましょう!
【実験内容】ベジセーフで洗ったアボカドと水洗いだけのアボカドを比較し、その状態を経過観察していきます。
・保存開始時
アボカド実験開始時

・保存開始から24時間後
実験から24時間たったアボカド

だんだんと変化が表れてきましたね、水洗いだけのアボカドは黒くなってきていますが、ベジセーフの方は綺麗な緑色のままです。
痛みやすい野菜や果物もベジセーフを使用するだけで長持ちさせることができます!

◾︎野菜洗いだけじゃない!家庭の汚れがコレ1本!

―いろいろな汚れが気になる!子供のおもちゃやキッチンなどお部屋掃除でも大活躍!

ベジセーフは野菜洗いの他にお部屋の掃除にも大活躍できます!菌やウイルスと聞くと敏感になってしまうこの時代、家族みんなが触れるドアノブ、家族が集まるダイニングテーブル、小さいお子さんがいるご家庭では直接肌が触れるフローリングなど気になる部分はたくさんありますよね?そんな洗剤を使いたくない場所にもベジセーフを直接スプレーでシュッシュッして、乾いた布で拭くだけ!イオンの力が目に見えない菌や汚れ取り除いて、ピカピカに!
ドアノブのお掃除

洗面所の鏡の曇り部分にも効果的!直接スプレーして、サッと拭き取るだけ。
床のお掃除

テーブルやお風呂やトイレなどのお掃除だけでなく、ママさんを悩ますキッチンのコンロ周りの油汚れもピッカピカ!
キッチン掃除

歯ブラシやカミソリにも効果的なのです!
洗面用具

またママさんが気になるのが赤ちゃんのおもちゃ。赤ちゃんはすぐにおもちゃを口に持っていってしまうため、なるべく赤ちゃんのおもちゃは清潔にしておきたいと思うのがママさんの本音。
おもちゃにも使える
「全部のおもちゃを熱湯消毒するのは大変だし、どうしよう。」と悩まれているママさんにオススメです。
おもちゃにベジセーフをスプレーして拭くだけ。しばらくすれば普通の水道水と変わらなくなりますので、誤ってお子様が舐めても安心してご使用頂けます。

◾︎まとめ

安全・安心の新基準「ベジセーフ」!

野菜洗いだけでなく、お掃除にも大活躍のベジセーフ!これ1本でご家庭の様々なお悩みを解決してくれるんです!ママさんの負担も軽くなる事間違いなしです。

今回は、くみんちゅのブログでも度々ご紹介しているベジセーフについて、調べました!
99.9%の純水と0.01%のカリウムから作られている化学物質一切なしのアルカリイオン水「ベジセーフ」は人にも環境にも優しく、安全で安心な食を守るママさんの強い味方です。

残留農薬は目に見えません、ただ少しずつ体に蓄積していってしまう怖い部分があります。この機会に改めて、安全安心な食事を子供に食べさせる事を考えたいと思います。

ベジセーフはこちらから

くみんちゅのブログはこちらからどうぞ↓↓
私の唯一の大掃除アイテム。