栄養アイス

このレシピについて

暑い日のおやつによく作るのが「栄養アイス」。
おいしい、おいしい、低糖質で白砂糖不使用のアイスです。
材料は本格的なバニラアイスと同じ、卵と生クリームとバニラエッセンスだけという、シンプルさです。
なめらかで濃厚な舌ざわりはまさに王道といった美味しさです。
抹茶を混ぜて抹茶アイスにしたり、
ココアを混ぜてチョコアイスにしたり、
マカダミアナッツを混ぜたり、
ラム酒漬けレーズンを混ぜてラムレーズンアイスにしたり、
アレンジ無限大です。
“もりくみこ”
もりくみこ

家族の体は、お母さん、お父さんの作るご飯でできている。「こだわるけど、とらわれない」を基本に、簡単シンプルレシピをお届け。

コツ・ポイント

■冷凍してカチカチになっても、常温に少しおいておくだけでなめらかなアイスクリームになります。
食べる15分前ぐらいに冷凍庫から出しておくと良いかも。

材料

(作りやすい分量)
・生クリーム(乳脂肪42%のもの)…1パック(200ml)
・卵黄…L2個
・バニラエッセンス(またはバニラビーンズ)…適量(バニラビーンズの場合は1/2本)
・好みの甘味料(きび砂糖や甜菜糖など)…大さじ4〜5(好みの甘さに調整。大さじ4でちょうど良い甘さ。)
・※抹茶を混ぜて抹茶アイスにしたり、 ココアを混ぜてチョコアイスにしたり、 マカダミアナッツを混ぜたり、 ラム酒漬けレーズンを混ぜてラムレーズンアイスにしたり、いろいろアレンジしてください。

作り方

生クリームに砂糖を加え、ハンドミキサーか泡立て器で泡立てる。

生クリームに砂糖を加え、ハンドミキサーか泡立て器で泡立てる。ピンと角が立ち、逆さにしても垂れないくらいの8分立てにする。

しっかりホイップになったら、卵黄・バニラエッセンスを加え、泡を潰さないように混ぜ合わせる。ハンドミキサーの場合は低速で。

栄養アイス

保存容器に移し冷凍庫で冷やして完成。
出来上がりは固いですが、少し常温に出してからスクープするとなめらかになります。

栄養アイス

コンデンスミルクorエバミルク50〜80mlを混ぜると、まさにレディボーデンの味です。
シナモンをかけてもいいです。

栄養アイス

抹茶大さじ1を混ぜます。
大麦若葉パウダーで作っても美味しいです。

栄養アイス

ココアパウダー大さじ2、ラム酒少々、カカオニブ適量を混ぜて、チョコアイスにしてもいいです。
濃厚です。

栄養アイス

有機いちごを潰して混ぜこんだストロベリーアイス。
いちごジャムでもOK。

ブルーベリージャムとクリチを混ぜたブルーベリーチーズケーキアイス。

ブルーベリージャムとクリチを混ぜたブルーベリーチーズケーキアイス。

■ブルーベリーチーズアイスのレシピはこちらを参照
果実ごろごろ、ブルーベリーチーズアイス。

栄養アイス

あんこをトッピングしてパフェにしてもいいです。

◆あんこの作り方はこちらを参照
砂糖不使用。デーツで炊く簡単手作りあんこ。

栄養アイス

自家製プラリネ(ナッツのキャラメリゼ)をかけて、フルーツと一緒にパフェに。
サクサクかりかり美味しい!

栄養素

エネルギー
1483 kcal
タンパク質
20.5g
脂質
123.5g
炭水化物
65.8g
食物繊維
0.0g
塩分
0.3g