このレシピについて

油は1cmだけしか使いません。
じゃ~っと揚げてじゅ~っとタレをかけるだけ。
難しく考えずに、揚げ物を楽しみましょう。

実はこの料理の主役は、ネギ。
甘酢と鶏肉のうま味がなじんだこのネギだけで、ご飯がすすみます!

「ねぎや生姜は鶏の脂の毒消し」と昔から言われますから、
油淋鶏(ユーリンチー)は先人の美味しく食べる知恵なのですね。

コツ・ポイント

■「ユーリンチー=油淋鶏」
少しの油で揚げ焼きにするので、意外とさっぱり食べられます。
■鶏の皮はとってしまってもいいですが、カリカリに揚がった皮がとても美味しいので、取らずに焼くのがおすすめです。

材料 (4人分)
・鶏むね肉…2枚
・塩…適量
・酒・片栗粉…鶏肉1枚につき各大さじ1ぐらい

■(つけ合わせ)
・あれば茹でたチンゲン菜や水菜などを添える…適量

■【たれ】
・醤油…大さじ3
・砂糖…大さじ3
・お酢…大さじ3
・しょうがのみじん切り…1~2片分
・長ねぎのみじん切り…1本分
・お好みで豆板醤…小さじ半分
作り方

鶏肉は皮のまわりについた黄色い脂肪を包丁で取り除き、厚さが均一になるように数ヶ所縦に浅く切りこみを入れて広げる。

ビニール袋に鶏肉を1枚入れ、塩少々、酒、片栗粉を加えてもみこむ。
粉がなじんだら取り出し、もう1枚も同じようにもみこむ。

フライパンに油をはり、最初は低温で鶏肉2枚を皮目を下にして広げて入れる。
火を強め、中温でじっくり揚げ焼きにしていく。

ユーリンチー。

たれの材料を合わせる。
鶏肉がカリッと揚がったら、食べやすく包丁で切り、盛りつける。
たれを上からたっぷりかけて完成!