本場のティラミス
このレシピについて

エスプレッソにココア、卵とマスカルポーネチーズだけ。
生クリームの入らない本場の王道ティラミスはとってもシンプル!

イタリアのマンマの味に余計なものは入らないみたい。

メレンゲの力でマスカルポーネクリームがふんわり、とろり。
ビターなエスプレッソが全体を大人な雰囲気にまとめてくれます。

あればコーヒー液にラム酒を少し加えてみて。
家庭のティラミスが名店の味にレベルアップしますよ。

コツ・ポイント

■メレンゲ用のボウルと泡立て器は水分・油分をしっかり拭きとっておくこと。
水滴はメレンゲ失敗のもとになります。
■ビスケットorスポンジは底に敷くだけでもOK。
■マスカルポーネの代わりに水切りヨーグルトやクリームチーズを使っても美味しい。

材料 (大きなグラタン皿などお好きな器で)
・マスカルポーネチーズ…1パック(250g)
・新鮮な卵…2個
・砂糖(または好みの甘味料)…大さじ2〜3(好みで調整)
・バニラエッセンス…少々

■【ボトム】
・お好きなビスケット(またはスポンジ)…型にしきつめられる分だけ
・★エスプレッソ(または濃いめに淹れたコーヒー)…1/4カップ〜適宜
・★好みでラム酒…小さじ1

■【トッピング】
・ココアパウダー…たっぷり
作り方
本場のティラミス

グラタン皿などにビスケットまたはスポンジを敷きつめ、
★を合わせたものをスプーンかハケでかけて染み込ませる。

卵を卵黄と卵白に分け、卵白には塩をひとつまみ加える。
マスカルポーネチーズに卵黄と砂糖の半量を混ぜる。

本場のティラミス

大きめのボウルに卵白と残りの砂糖を入れ、固くつやのあるメレンゲを作る。
(ピンと角が立ち、逆さにしても落ちないぐらい)

チーズクリームにメレンゲの1/3量を加えてなじませてから、残り全量のメレンゲを加え、ゴムベラでさっくりと混ぜ合わせる。

グラタン皿等にスポンジ→チーズクリーム→スポンジ→チーズクリームの順に重ねていく。
(2層にせず、底に敷くだけでもOK)

本場のティラミス

冷蔵庫で半日しっかり冷やす。
食べる直前にココアパウダーを茶こしに入れて上からたっぷりふり、取り分けていただきます。

本場のティラミス

スポンジなしでクリームのみでも美味しい。
コーヒー液にラム酒を少し加えると、本格的な味にレベルアップします。

ビスケットに濃いめに淹れた緑茶を染み込ませ、ゆで小豆を敷き、ココアの代わりに抹茶をふれば、抹茶ティラミスに。

抹茶とあずきとマスカルポーネが絶妙にマッチ。
■ノンシュガーで甘く作る自家製あんこのレシピはこちらを参照
砂糖不使用。デーツで炊く簡単手作りあんこ。