このレシピについて

ピーマンはこれが一番うま~い!!

あそこのイタリアンに行けなくても。あそこのカフェに行けなくても。
もうね、腹ぺこにこれだけでご飯いけます!
他に具は入れないで。これだけで美味しいから。

脂溶性の緑黄色野菜ピーマンのビタミンは、油と合わせることで体への吸収率が格段に上がります。
といっても使う油は大さじ1だけ。

“もりくみこ”
もりくみこ

家族の体は、お母さん、お父さんの作るご飯でできている。「こだわるけど、とらわれない」を基本に、簡単シンプルレシピをお届け。

コツ・ポイント

■ピーマンは表面積が広く、味が染みにくいので、醤油はいつもの炒めものより少し多めを意識してください。
■脂溶性の緑黄色野菜ピーマンのビタミンは、油と合わせることで体への吸収率が格段に上がります。
といっても使う油は大さじ1だけ。ヘルシーです。

材料

(2~3人分)
・ピーマン…1袋(4~5個)
・ごま油…大さじ1
・塩…適量
・醤油…ジャーッとまわしかけて(※コツの欄参照)
・好みでかつお節…適量
revitte計測バナー用

作り方

ピーマンは手で縦ふたつに割り、ヘタと種を取る。
【注】包丁を使う必要はありません。
手で荒く割るほうが味が染みやすいの。

フライパンに油をひき、ピーマンを内側を下にして並べる。
塩少々をふり、ここで初めて火をつけます。強火でOK。

ピーマンがジュウジュウいってきたら裏返し、また塩を少しふって裏面がこんがりするまで1~2分焼く。
好みで胡椒をパラパラ。

最後にピーマン全体に醤油をジャーッとかけて完成。
好みで鰹節をかけていただきます。1日分のビタミンCもこの1品でぺろり。

栄養素

エネルギー
84kcal
タンパク質
1.7g
脂質
7.8g
炭水化物
2.5g
食物繊維
1.2g
塩分
0.7g