桜海老と大葉の*香ばしペペロンチーノ*
このレシピについて

ペペロンチーノはニンニクと鷹の爪を炒めたら、
パスタの茹で汁を加えて油を乳化させるのが鉄則。

しっかり乳化したペペロンチーノソースを作れば油っぽくならず、
かつ余分な油を吸わないので麺がパサつきません。
イタリアンのシェフが実践している作り方です。

香ばしい桜海老とにんにくに、
さっぱりとした大葉のアクセントが最高の組み合わせ。

キリッと冷やした白ワインとどうぞ。

コツ・ポイント

■ゆでる塩水で下味をつけることでプロ並みの味に。フライパンで後から味をちょこちょこ足してると伸びる原因に。
■オイル系パスタの基本は、ゆで汁を加えて油を乳化させること。
シンプルだからこそのひと手間で、パサつかない。油っこくない。

材料 (2人分)
・スパゲッティ…180g
・スパゲッティをゆでる塩…大さじ1
・パスタのゆで汁…お玉1杯分
・★オリーブオイル…大さじ4
・★にんにく…大1かけ
・★赤唐辛子…1本
・★桜えび(あれば釜揚げ)…大さじ2〜お好みで
・大葉…たっぷり
・塩こしょう…少々
作り方

ニンニクは薄くスライスするか、みじん切りに。
(お好みでどちらでもOK!)
大葉は千切り。
唐辛子はちぎって中の種を除く。

パスタをゆでる。
(湯1Lにつき塩大さじ1

【コツ1】お湯に薄い塩分を感じる程度に塩味をきかせ、麺に下味をつける。

【コツ追記】
ここで麺の中まで塩味をつけておき、後の味つけは調整程度に。
塩を浸透させることでモチッとコシのある食感に!

香ばしペペロンチーノ

フライパンに★の材料を入れてから火をつける。
【コツ2】必ずニンニクは冷たい油に入れて。油が熱いと焦げてしまいます!

香ばしペペロンチーノ

ニンニクがこんがりするまでじっくりと炒めたら、
いったん火を止めてパスタのゆで汁を投入!
再び火をつけて少し煮つめる。

香ばしペペロンチーノ

混ぜながら油とゆで汁を乳化(なじませる)させる。
トロッとしてきたら乳化した証拠です。
(これで油っぽくならない)

香ばしペペロンチーノ

【コツ3】油は1人に大さじ2は必要です!
ここでゆで汁としっかり乳化させれば
なめらかになり、不思議と油ぽくなりません。

香ばしペペロンチーノ

ゆで上がり2分前になったらパスタの水をザッと切る程度で加える。
あとはフライパンの中で火を通してアルデンテにします。

桜海老と大葉の*香ばしペペロンチーノ*

火を強めて、麺が汁気を吸うまでよくなじませる。
味見をして足りなければ塩を足して調整を。
大葉をザッと加え混ぜて完成!

備考

※手順の写真は普通のペペロンチーノを作った時の写真なので桜海老が入ってませんが、本来は油と一緒に入れてくださいね。