きのこ

このレシピについて

秋の美味しい保存食、セミドライきのこのオイル漬けです。
椎茸・しめじ、どんなきのこでもOK!
オーブンでじっくり低温ローストすることで、ポルチーニやトリュフに負けないくらいの香りを引き出します。
カリッと焼いたバゲットと一緒に。ピザやトーストやサラダにトッピングしても、パスタと和えても絶品。
ぜひ秋の香りをオイルに閉じ込めてみてください。

コツ・ポイント

■オーブンで焼く代わりに、きのこを新聞紙などの上に広げ、日なたに半日干しておけば「セミドライきのこ」が完成します(塩はふらない)。
天日で干すと、免疫力を高める「ビタミンD」が倍増しますよ。

材料

(天板1枚分)
・お好きなキノコ数種類のミックス…天板にのるだけ
・塩…ほんのひとつまみ
・オリーブオイル… 1/2カップ〜適量
・にんにく(包丁の背でつぶす)… 2かけ
・鷹の爪(ちぎって種を抜く)… 1本
・ローリエ… 1枚

作り方

ドライきのこのオリーブオイル漬け

小房に分けたきのこに塩少々を混ぜて、天板に広げる。
160℃に予熱したオーブンで30~40分焼く。

ドライきのこのオリーブオイル漬け

きのこからジクジク水分が出て、全体が香ばしくしおれたら完成。
※オーブンからいい香りが漂ってくるのが焼き上がりの目安。

ドライきのこのオリーブオイル漬け

焼けたら天板の上で冷ましておく。
【注】干し椎茸になってしまうぐらい乾燥させないよう、焼き過ぎに注意を。

ドライきのこのオリーブオイル漬け

きのこを焼いている間に、フライパンにニンニクとオリーブ油を入れ弱火にかけ、にんにくがこんがりするまで火を通す。

にんにくオイルが完全に冷めたら、清潔な瓶にキノコを詰める。

にんにくオイルが完全に冷めたら、清潔な瓶にキノコを詰める。
鷹の爪とローリエも入れ、きのこが完全に浸るまでオイルを注ぐ。

オイルはきのこが完全にかぶるまで注ぎます。
オイルが足りない場合は、加熱していないオイル(分量外)を注ぎ足してください。

ドライきのこのオリーブオイル漬け

翌日から味が馴染んで食べられます。冷蔵で1ヶ月保存可能。
チーズと一緒にトーストしたり、サラダのトッピングにもぴったり。

ドライきのこのオリーブオイル漬け

マッシュルームのみで作ったもの。
カリッと焼いたバゲットとワインのお供にぜひ。

きのこのオイル漬けはピザのトッピングにもぴったり。

きのこのオイル漬けはピザのトッピングにもぴったり。
ポルチーニのようにとっても香り高い秋のピザになります。

具のきのこを食べきったら、香り高いオイルが残ります。醤油・パルメザンチーズと和えるだけで、うま味たっぷりのパスタに変身。

具のきのこを食べきったら、香り高いオイルが残ります。
醤油・パルメザンチーズと和えるだけで、うま味たっぷりのパスタに変身。

栄養素

エネルギー
987 kcal
タンパク質
7.0g
脂質
101.4g
炭水化物
15.7g
食物繊維
8.8g
塩分
0.0g