私の鉄板NYチーズケーキ
このレシピについて

私がもう15年以上も前から作り続けている、ずっと変わらない王道チーズケーキのレシピです。

材料は本当にシンプル!
チーズケーキは焼き菓子作りの中で、一番手軽に作れるケーキのひとつです。
材料をぐるぐる混ぜたら、型に入れて、焼くだけ。

お菓子作りが苦手な方でも、「これだけは作れる」という方が多いのではないでしょうか?

添加物も乳化剤も保存料も入らない、
自分の目でみて、つくるおやつは、おいしい、しあわせ。

コツ・ポイント

■チーズケーキは生ケーキと違い、日にちが経つほど熟成されて美味しくなっていきます。
食べ頃は2日後ぐらい。冷蔵庫で1週間保存可能。
冷凍保存も可能。
■焼きすぎは禁物。
ケーキの中央を押してみて中はふるふる半生ぐらいの状態で火を止めます。

材料
■ボトム
・お好きなビスケット…100g
・溶かしバター(またはお好みのオイル)…50g

■フィリング ※15cm丸型で作る場合(底の取れるもの)
・クリームチーズ…200g
・きび砂糖…60g(好みの甘さに調整)
新鮮な卵…1個
・生クリーム…100ml
・レモン汁…小さじ2
・あれば無農薬レモンの皮のすりおろし…少々
・バニラエキストラクト(またはバニラエッセンス)…小さじ1(バニラエッセンスなら少々)

■フィリング ※18cm丸型で作る場合(底の取れるもの)
・クリームチーズ…250g
・きび砂糖… 70〜80g(好みの甘さに調整)
新鮮な卵…2個
・生クリーム…200ml
・レモン汁…大さじ1
・あれば無農薬レモンの皮のすりおろし…1/2個分
・バニラエキストラクト…小さじ2
作り方

【ボトム】
ビスケットをジップ袋などにいれ、麺棒などで上からつぶして細かく砕く。(フードプロセッサを使っても◎)

①にバターを混ぜてもみ、なじませたら型に敷きつめる。(指でぎゅうぎゅう押しつめてね)
使うまで冷蔵庫で冷やしておく。

材料はすべて室温に戻しておく。クリームチーズが柔らかくなったら、
材料を上から順にその都度ぐるぐる混ぜてなめらかにする。

【ベイクドチーズケーキにする場合】
オーブンを160℃に予熱する。
④を型に流して平らにし、40分焼く。

ケーキの中央を押してみて、表面に弾力があり、中はふるふる半生ぐらいの状態で火を止め、そのままオーブンの中で完全に冷ます。

鉄板NYチーズケーキ

冷めたらラップをかぶせ、型のまま冷蔵庫で丸1日冷やす。←これが大事!
1〜2日寝かすと生地がなじんで美味しくなります!

私の鉄板NYチーズケーキ

【NYチーズケーキにする場合】
湯煎焼きをするので、型の底から湯が染みこまないように、底をアルミホイルで包んでおく。

オーブンを160度に予熱したら、天板に半分ぐらい熱湯を注ぎ、湯の中に型を置いて、40分湯煎焼きする。

ケーキの中央を押してみて、表面に弾力があり、中はふるふる半生ぐらいの状態で火を止め、そのままオーブンの中で完全に冷ます。

冷めたらラップをかぶせ、型のまま冷蔵庫で丸1日冷やす。←これが大事!
1〜2日寝かすと生地がなじんで美味しくなります。

NYチーズケーキ

(注)NYチーズケーキの場合は湯煎で焼くので、焼き色はほぼつきません。
色白さんで、中はとろけるような食感です。

NYチーズケーキ

湯せん焼きをして、しっかり冷やした後、
ラズベリージャムをのせて広げれば、甘ずっぱくてエレガント。

私の鉄板NYチーズケーキ

【アレンジ】
砂糖の代わりに、煮詰めたココナッツシュガーを使って、ナッツをのせて焼けば「キャラメルチーズケーキ風」に。

鉄板NYチーズケーキ

砂糖を抜いて、カカオ80%チョコを混ぜれば「濃厚チョコレートチーズケーキ」に。

◆チョコレートチーズケーキの作り方はこちらを参照
ほんとに簡単。濃厚な生チョコチーズケーキ。

鉄板NYチーズケーキ

生地に細かくした紅茶の茶葉小さじ2を加え混ぜて焼けば、
香り高いミルクティーチーズケーキの出来あがり。

鉄板NYチーズケーキ

クリチにゴルゴンゾーラを混ぜて、タルト型に流して焼いた「無糖チーズタルト」。

◆タルト生地の作り方はこちらを参照
卵・乳製品不使用。手の平で作るタルト生地。