大学芋

このレシピについて

大学芋は「芋を揚げる→飴を作る→絡める」という面倒な行程と手間がかかりますが、この作り方はフライパンひとつで一気に飴がけまで完成します!
しかも油も少量で済むので後片付けもラク。
外はカリッ、中はほくっとしたお芋は、バニラアイスとの相性もバツグンですよ。

“もりくみこ”
もりくみこ

家族の体は、お母さん、お父さんの作るご飯でできている。「こだわるけど、とらわれない」を基本に、簡単シンプルレシピをお届け。

コツ・ポイント

■油の量は厳密ではなくてOK。フライパンまたは鍋に油を5mmほど入れればOKです。砂糖の量も自分好みに変えてくださいね。
■醤油は好みでまぶしてもまぶさなくても◎。
醤油少々を絡めることで、みたらしのようなあまじょっぱい大学芋になります。

材料


・さつまいも…大1本(小さめのものなら2本作れます)
・好みの油(ココナッツオイルや太白ごま油、米油など)…大さじ3
・きび砂糖やグラニュー糖など好みの砂糖…大さじ3
・醤油(好みで)…小さじ半分程度

作り方

さつまいもは好みの大きさに切り、水に2〜3分さらしてから水気をキッチンペーパーでしっかりとる。

鍋またはフライパンに油とさつまいもを入れ、砂糖をまぶしたら、中火にかける。

冷たい油からさつまいもにじっくり火を通していきます。
全体をかき混ぜながら、芋に砂糖を絡めるように揚げていきましょう。

さつまいもがカリッとしてきたら竹串を刺してみて、中がほくっとなっていたら完成。
溶けてキャラメル化した砂糖が自然にさつまいもに絡んで、飴がけされます。

油から上げたさつまいもを器に盛り、醤油少々をまぶし、粗熱をとる。

油から上げたさつまいもを器に盛り、醤油少々をまぶし、粗熱をとる。冷めるとと芋の表面にからまった飴がパリッとしてきます。

出来たてにバニラアイスを添えて食べるのがおすすめ!

出来たてにバニラアイスを添えて食べるのがおすすめ!

■バニラアイスのレシピはこちらを参照
低糖質なのに王道バニラの味。栄養アイス。

余った油は、砂糖が沈殿していない上澄の部分だけをすくえば、炒め物などの料理に使いまわせます。
捨てずに活用してね。

油を切ったら塩をパラパラふって。

栗で作ってもすごく美味しい!生栗の皮をむいたら、あとは大学芋の作り方と同じ。油を切ったら塩をパラパラふって。