いちじく
このレシピについて

いちじくとチーズはイタリアでは定番の組み合わせ。
チーズの塩気と、フレッシュないちじくの甘みが、少し酸味のあるライ麦パンやカンパーニュなどと相性抜群です。

いちじくは、古代ローマでは「不老不死の果物」、
トルコでは「聖なる果実」と呼ばれているほど栄養価の高い果物。
中国では薬膳としても使われます。

いちじくには女性ホルモンを整える働きがあるので、
女性に嬉しい秋の味覚ですね。

コツ・ポイント

■いちじくのミネラルと、チーズのアミノ酸トリプトファンが自律神経を整え、食物繊維が善玉菌のエサになってくれますね。
■肉やチーズに豊富なトリプトファンは、「幸せホルモン」と言われるセロトニンの分泌を促すので、安眠・精神安定効果があるんですって。

材料 (一人分)
・全粒粉パンやライ麦パン、カンパーニュなど…1枚
・いちじく(生)…1個
・クリームチーズ、またはゴルゴンゾーラやパルミジャーノなど好みで。(濃厚な味わいのものが合います)…20g
・くるみ…4〜5粒
はちみつ…小さじ1
オリーブオイル…小さじ1
・黒胡椒…少々
・岩塩…少々
作り方

生クルミは粗刻みにしてフライパンで空炒りし、カリッとさせておく。(またはトースターでローストする)

パンにクリームチーズ(またはゴルゴンゾーラチーズ)をぬり、トーストする。

いちじく

いちじくは皮つきのままスライスし、
焼きあがったパンの上に並べる。
その上にクルミをちらす。

いちじく

③の上にハチミツをたらし、黒胡椒をふって、岩塩をぱらり。
仕上げにオリーブオイルをかけていただきます。