かぼちゃの塩煮
このレシピについて

かぼちゃの煮物って、簡単なようで難しいと思った事ありませんか?
つい調味料を足して水っぽくなってしまったり、煮崩れたり。

では、基本中の基本に戻ってみましょう!

かぼちゃの煮物にはだし汁も、酒も、入れません。
塩だけでかぼちゃの甘味を最大限に引き出す「塩煮」です。

かぼちゃ自身の水分で煮るので、砂糖やみりんを入れなくてもかぼちゃが驚くほど甘く、濃く、ほっくりと炊きあがりますよ!

コツ・ポイント

5分蒸らし時間をつくると、かぼちゃがしっとりと仕上がります。
ほくほくの食感が好きな方は、蒸らし無しでOKです。

お好きな炊き加減を見つけてみてください。

材料 (作りやすい分量)
・かぼちゃ…中1/4個
・自然塩…ふたつまみ〜3つまみ
…大さじ1〜2(かぼちゃの大きさ・水分によって…大さじ2。無水鍋の場合はは入れなくてOK)
・好みでバター…2かけ
・※鍋に隙間があいてしまったり、逆にかぼちゃが多くて重なりすぎてしまうと、火の通りが均一にならない。厚手鍋がおすすめです。
作り方
かぼちゃの塩煮

かぼちゃを適当な大きさに切り、かぼちゃの量に対して「ちょうど良い」大きさの厚手鍋に入れる。(これがけっこう大事※)

※鍋に隙間があいてしまったり、逆にかぼちゃが多くて重なりすぎてしまうと、火の通りが均一にならない。厚手鍋がおすすめです。

かぼちゃの塩煮

かぼちゃに塩をふり、ふたをしてそのまま10分ほどおく。
するとカボチャが汗をかいてくるので、この水分でカボチャを煮る。

厚手鍋や無水鍋でない場合は水分が飛びやすいので、かぼちゃにを大さじ1〜2ふりかけてから、ふたをし、鍋を火にかける。

煮たってきたら弱火にし、そのまま13〜15分かぼちゃが柔らかくなるまで煮る。

かぼちゃの塩煮

水分がなくなりホクホクになったら火を止め、5分ほど蒸らして完成。
好みでバターを落として、かぼちゃと馴染ませても美味。
※かぼちゃやにんじんやほうれん草などの脂溶性βカロチンは、油と合わせると吸収率が格段に上がります。

かぼちゃの塩煮

【甘めバージョン】
大さじ1、みりん大さじ1、醤油小さじ2をふりかけてから火にかけ、同じ様に煮ます。
ご飯がすすむ味。

かぼちゃの塩煮

塩だけで味つけしてあるので、
余ったらお菓子作りやポタージュスープやコロッケなど、いろいろな用途に使い回せますよ。

かぼちゃの塩煮

たくさん作って塩味に飽きたら、すりごまと醤油少々を混ぜて「胡麻和え風」に味を変えることもできます。

かぼちゃの塩煮

なめらかにマッシュして、豆腐マヨネーズやピーナッツバターなどを混ぜてかぼちゃサラダにアレンジ。
パンにはさむと美味しい!

かぼちゃの塩煮

つぶしたかぼちゃに小麦粉適量を混ぜて、そら豆型にまるめて、ゆでるだけで、もっちもち「かぼちゃのニョッキ」の出来上がり。