醤油麹

このレシピについて

麹のうまみがたっぷりの生きた調味料「醤油麹」は、
もろみのようなコクと優しい甘さが特徴です。

この醤油麹があれば砂糖やみりんや酒がいらないので、
料理に使う調味料がどんどんシンプルになっていきます。

唐揚げや焼肉などを作る時に、お肉を醤油麹にもみ込んでおくと、麹の酵素の力でとっても柔らかくなりますよ。

“もりくみこ”
もりくみこ

家族の体は、お母さん、お父さんの作るご飯でできている。「こだわるけど、とらわれない」を基本に、簡単シンプルレシピをお届け。

コツ・ポイント

■基本の塩麹の作り方はこちらを参照。
混ぜて置くだけ、発酵調味料「塩麹」の作り方。
■冷蔵庫に入れておいた米麹を使う場合は、一度常温に戻してから使ってください。
常温に出してほぐしておくと、麹が息をし始めてきます。←これが発酵の合図。

材料

(作りやすい分量)
・米麹…作りたいぶんだけ(200gぐらいがちょうど良い)
・本醸造醤油…麹が醤油にしっかり浸かるまで

作り方

醬油麹

ガラス瓶やホーローの容器に材料を全て入れる。
麹が醤油を吸ってしまい足りないようなら、麹がしっかりかぶるまで醤油を足す。

醤油麹

蓋をして常温におき、1日1回混ぜてあげる。
7日後、液がとろっとして麹のいい香りがしたら出来上がり。

一番のおすすめは、醤油麹たまごかけごはん!
乳酸菌とうまみたっぷりの醤油麹とたまごの相性は抜群です。

醤油麹

冷蔵で保存。
麹は生きています。
冷蔵庫に入れておけば、味噌や醤油と同じように何ヶ月も長期保存が可能です。

醤油麹

醤油麹にオリーブオイルorごま油を同量と、お酢を少々混ぜれば「麹ドレッシング」の完成。
とっても万能です。

醤油麹

出汁で薄めるだけで麺つゆにもなります。
お肉を漬け込めば麹の力でとってもやわらかくなります。

栄養素(大さじ1)

エネルギー
26kcal
タンパク質
1.0g
脂質
0.1g
炭水化物
5.2g
食物繊維
0.1g
塩分
1.1g