にんじんジャム

このレシピについて

お砂糖不使用、素材そのままの栄養がギュッと詰まっているので、
たっぷりぬっても飽きない。
サラダみたいなジャムです。

子供や妊婦さんにはこのくらいの
「野菜のショ糖だけの甘み」が最も丁度いい甘さだと私は思っています。

野菜とりんごの甘みだけで作るジャムで、
自分の舌をリセットしてみてはいかがでしょう。

砂糖入りのジャムみたいにキャッチーな甘さは一切ないのに、
なぜか子供たちにこのジャムを出したら大好評でした!

体が欲しているのかもしれませんね。

“もりくみこ”
もりくみこ

家族の体は、お母さん、お父さんの作るご飯でできている。「こだわるけど、とらわれない」を基本に、簡単シンプルレシピをお届け。

コツ・ポイント

■しっかりした甘みが欲しいという場合は、メープルシロップやはちみつなど、好みの甘さを足してください。
■バターが苦手な方は、ココナッツオイルや無糖ピーナッツバターを加えても美味しいですよ。

材料

(作りやすい分量)
・にんじん…2本
・りんご…大1個
・天日塩…小さじ1/3弱
・レモン汁 …大さじ1
・無塩バター(または無塩発酵バター)…大さじ2〜3
・バニラオイル(またはバニラエキストラクト)… 少々
・※好みでハチミツやメープルシロップを加えても…適量

作り方

鍋に薄切りにしたりんごとにんじんを入れ、塩をまんべんなくまぶす。
(両手で返すようにしながら塩が全体に行き渡るように)

にんじんジャム

レモン汁をふり、そのまま10分ほどしばらく置いて、リンゴから水分を引き出す。

鍋を中火にかけ、煮立ったら火を弱めてフタをし、全体がくったりと柔らかくなるまで蒸し煮にする。

りんごから出る水が多い場合は、最後に火を強めて煮詰め、水分をとばす。

濃厚にんじんジャム

粗熱がとれたら無塩バター、バニラオイルと一緒にフープロにかけて、
なめらかなペースト状にする。

にんじんジャム

煮沸消毒したビンにつめて、空気を抜くようにトントンと落とし、フタをして冷蔵保存する。
冷蔵で2週間、冷凍で1ヶ月保存可能。

濃厚にんじんジャム

ライ麦パンにたっぷりのせて。

にんじんジャム

クリームチーズと一緒にパンにはさんで
サンドイッチにしても美味しい!

栄養素(大さじ1)

エネルギー
12kcal
タンパク質
0.1g
脂質
0.6g
炭水化物
1.6g
食物繊維
0.3g
塩分
0.1g