白菜のお好み焼き

このレシピについて

鍋で白菜が余った翌日は、決まってこれ。
白菜で作るお好み焼きはあっさりジューシーで、白菜の甘みを楽しめます。
ちなみにうちは白菜をた~っぷり使い、生地より白菜のほうが多い!ってぐらいにして食べていますよ。
お好み焼き粉がなくても大丈夫。米粉でもOK。
ベーキングパウダーの力で、水だけでもふんわり生地になります。

“もりくみこ”
もりくみこ

家族の体は、お母さん、お父さんの作るご飯でできている。「こだわるけど、とらわれない」を基本に、簡単シンプルレシピをお届け。

コツ・ポイント

■豚バラ肉を下に敷いて焼くことで、油がじわじわ出て、外はこんがりカリッと。中は白菜の甘みがつまってふんわり。

■ねぎ納豆入りや、チーズ、キムチ入りなどのお好み焼きは、おろしポン酢で食べるのも美味しいですよ!

材料

(3~4枚分)
・白菜(もちろんキャベツでも美味しいよ)…1/4個~たっぷり好きなだけ(キャベツなら300g~)
・豚バラ肉…150g
・ネギの青い部分、またはわけぎなど(みじん切り)…1本分
・桜えび…好きなだけ
・天かす…好きなだけ
・お好きな具材(イカや納豆やキムチ、チーズなど)…適量
・青海苔、かつお節、ソース、マヨネーズ…好きなだけ
・豆乳マヨネーズ…好きなだけ
◆塩麴の作り方はこちらを参照
カロリーオフ。5分で手作り豆乳マヨネーズ。

■【生地】
・卵(卵を使わない場合は長芋や山芋のすりおろしで代用可)…1個(長芋・山芋のすりおろしなら10〜15cmぐらい)
・薄力粉(米粉でもOK)…1カップ
・くず粉、または片栗粉…大さじ2
・ベーキングパウダー(アルミ不使用)…小さじ1
・醤油…小さじ1
、またはだし汁…1/2〜1カップ(好みの固さに調節してね)

作り方

白菜は粗いせん切りか、粗みじん切りに。
生地の材料をよく混ぜる。(私は水200ccで、ゆるめのとろとろ生地がお気に入り)

白菜、桜えび、揚げ玉、イカ等の具を人数分づつボウルに用意し、生地を注ぎ、よくからめる。
【注】豚肉は焼くときにのせます。

フライパンに油を熱して生地を流し、底面がこんがりするまで焼く。
生地の上に豚バラ肉を並べてのせ、下が焼けてきたら裏返す。

豚バラからじゅうじゅう油が出てこんがりしてきた頃には、白菜もいい感じにしんなりしてきます。

豚バラからじゅうじゅう油が出てこんがりしてきた頃には、白菜もいい感じにしんなりしてきます。
中まで焼けたら出来上がり~♪

長芋代わりによく混ぜた納豆を入れても美味。

長芋代わりによく混ぜた納豆を入れても美味!納豆&チーズも◎。
外はチーズでカリッ、中はふわとろに。ねぎポン酢が合います。

栄養素(1枚分)

エネルギー
453kcal
タンパク質
12.3g
脂質
22.8g
炭水化物
46.6g
食物繊維
2.6g
塩分
1.0g