このレシピについて

お酒が進む発酵食品のおつまみ。
ワインや日本酒のお供にどうぞ。
チーズと味噌はとても相性の良い食材。
半端にクリームチーズが余ったら、賢く保存しておきましょう。
塩辛くなってきたら炊きたてご飯にのせたり、おにぎりの具にしても美味しいですよ。

“もりくみこ”
もりくみこ

家族の体は、お母さん、お父さんの作るご飯でできている。「こだわるけど、とらわれない」を基本に、簡単シンプルレシピをお届け。

コツ・ポイント

■長く漬けるほどに塩辛くなっていくので、塩辛くなったらおにぎりの具などに使ってください。
醤油麹で作るときも作り方は同じ。

材料


■■ 【味噌漬け】
・クリームチーズ…適量
・味噌+みりん…1:1ぐらい(割合はお好みで)

■■ 【醤油麹漬け】
・クリームチーズ…好きなだけ
・醤油麹+みりん…1:1/2ぐらい
醤油麹の作り方はこちらを参照
生きた調味料、手作り醤油麹。
・※(醤油麹がない場合)…醤油+みりん1:1ぐらい(割合はお好みで)

作り方

なければ醤油とみりん適量を合わせる。

【醤油麹漬け】
醤油麹の作り方はこちらを参照
生きた調味料、手作り醤油麹。
なければ醤油とみりん適量を合わせる。

チーズのハーブオイル漬け

瓶に大きめに角切りにしたクリームチーズ 、味噌1:みりん1を交互に入れて、1日寝かせるだけ。

瓶の上までかさが増したら、上からも醤油麹をかぶせてチーズが空気に触れないようにする。

味噌床にチーズを沈ませて空気に触れないようにする。
冷蔵で2週間保存可。残った味噌にキュウリやセロリをつけて食べると美味!

パンのお供「チーズのオイル漬け。」もおすすめ!
チーズのオイル漬けの作り方はこちらを参照
チーズのオイル漬け
チーズがフレッシュなまま保存できます

炊きたてご飯にクリームチーズの味噌漬けをのせて、オリーブオイルをぐるぐるっとかけて、生姜のせん切りをのせて食べると最高。
お酒の締めにも発酵食品!

栄養素(100g当たり)

エネルギー
281 kcal
タンパク質
7.3 g
脂質
18.0g
炭水化物
17.5g
食物繊維
1.3g
塩分
3.5g