裏面も様子をみて1〜2分加熱し、カリッとなれば完成。

このレシピについて

たまにはきんぴら以外のごぼうの食べ方で。
やわらかく煮たごぼうは甘味がとても増し、スープにすると香りも抜群。
これならごぼう苦手な子でも食べられます。
ごぼうは加熱に強いビタミンCや腸内のお掃除をしてくれるオリゴ糖や水溶性食物繊維も豊富。
ポタージュで繊維を吸収しやすくすれば、栄養たっぷり、体も温まります。
慢性的に冷えに傾いている現代人の体、体を温める根菜食材で冷えとりしましょ。

“もりくみこ”
もりくみこ

家族の体は、お母さん、お父さんの作るご飯でできている。「こだわるけど、とらわれない」を基本に、簡単シンプルレシピをお届け。

コツ・ポイント

■ごぼうは加熱に強いビタミンCや腸内のお掃除をしてくれる水溶性食物繊維も豊富。
■ポタージュで繊維を吸収しやすくすれば、栄養たっぷり、体も温まります。
慢性的に冷えに傾いている現代人の体、昔ながらの食材で改善しましょ。

材料

(2人分)
・ごぼう…1本
・玉ねぎ…1/2個
・ブイヨン(またはだし汁。いずれも野菜だしでOK。)…1カップ
オリーブオイル…大さじ1
・塩…小さじ1/2
・★豆乳…1カップ〜
・★白ねりごま…大さじ1
・★白味噌…大さじ1
・塩・こしょう…適量

作り方

ゴボウはたわしで洗い、1/2本は斜め薄切りか、ささがきにして酢水にさらし、残りはチップス用にピーラーで縦にスライスする。

鍋に油をひき、玉ねぎ、ゴボウを炒める。ごぼうが透き通ってきたら塩を加えてしんなりするまで炒める。

ブイヨンを注ぎ入れ、ごぼうに火が通るまで煮て冷ます。ミキサーに移し、★の材料と一緒になめらかになるまで撹拌する。

鍋に戻し入れ、濃度が濃いようなら豆乳と水(分量外)を足して伸ばし、沸騰させないよう弱火で温め直したら完成。

【ごぼうチップス】
油を160℃の低温に熱し、水けをしっかり拭いたゴボウを入れ、カリッとするまでじっくり揚げる。

【チップスを揚げずに作る場合】
スライスしたゴボウに塩・こしょう、オリーブオイル油大さじ1〜2をまんべんなく和える。

裏面も様子をみて1〜2分加熱し、カリッとなれば完成。

⑥をキッチンペーパーの上に並べ、ラップなしで電子レンジで4分加熱。
裏面も様子をみて1〜2分加熱し、カリッとなれば完成!

【オーブンで】
塩と油をまぶし200度のオーブンでカリッとするまで20分焼く。
干し野菜のような凝縮したうま味が出ます。

栄養素(1人分)

エネルギー
218kcal
タンパク質
7.7g
脂質
11.6g
炭水化物
22g
食物繊維
6.3g
塩分
0.7g