このレシピについて

昔ながらのアメリカおやつの定番フルーツコブラーを、卵・乳製品なしで作ってみました。
日本人でも食べやすいように油脂と砂糖は控えめに、1つの生地からしっとりケーキ生地、ジューシー果実、さくさくクッキー生地の3つが焼き上がります。
フィリングはブルーベリーやすもも、りんご、なんでもOK。
お好きな旬の果物で作れば、季節ごとの味を楽しめます。

“もりくみこ”
もりくみこ

家族の体は、お母さん、お父さんの作るご飯でできている。「こだわるけど、とらわれない」を基本に、簡単シンプルレシピをお届け。

コツ・ポイント

■桃やイチゴなど汁気の多い果物を使う場合は、コーンスターチを大さじ2にしてください。
■1日おくと表面がしっとりするので、食べるときはトースターで温め直してください。
(しっとりしてもまた美味。)

材料

(18〜20cmタルト型またはスクエア型1台分、またはグラタン皿などで作ってもOKです。)
■Aの材料
・薄力粉…1カップ(約100g)
・全粒粉…1/2カップ(約50g)
・アーモンドプードル(アーモンドパウダー。なければ全量小麦粉でもOK。)…1/2カップ(約50g)
・ベーキングパウダー(アルミ不使用)…小さじ2
・塩…ふたつまみ
・シナモンパウダー…好きなだけ

■Bの材料
・きび砂糖…3/4カップ(約80〜90g)
・好みのオイル(または溶かしバターや溶かしたココナッツオイル)…1/2カップ
・豆乳…1/4カップ+α
・バニラエッセンス(またはエキストラクト)…適量

■フィリング
・ブルーベリー、ぶどう、いちご、チェリーなどお好きな果物(リンゴや桃、パイナップルでも美味)…200g程度。詰められるだけ詰めよう
・きび砂糖…大さじ1
・くず粉または片栗粉…大さじ1

作り方

【注】粉をカップで計量する時は、ぎゅうぎゅう詰めこまないように。
カップに粉をふんわりすくってから、すり切って計ります。

ベリー類に砂糖と片栗粉をまぶしておく。

ベリー類に砂糖と片栗粉をまぶしておく。
ブドウなら半分に切って種を取る(種なしならそのまま)、リンゴならいちょう切りで。

※これはリンゴ版。
りんごのフィリングは砂糖を入れずにレーズンを加えて甘みをつけても◎。シナモンがとっても合います。

【A】を泡だて器でぐるぐる混ぜる。
粉が均等になるまで。

別のボウルに【B】を入れ、【A】で使った泡だて器を洗わずにBを混ぜる。(泡だて器についた粉がつなぎの役目をしてくれます)

油と豆乳が混ざってとろりと乳化してきたら【A】に加え入れ、ゴムべらまたはスプーンでさっくりと合わせる(練らないように)。

この時点で粉っぽければ、豆乳を足しながら生地をまとめる。

※この時点で粉っぽければ、豆乳を足しながら生地をまとめる。
逆に少しベタついた生地なら、冷蔵庫で休ませて落ち着かせる。

型に生地の半量をしきつめる。

型に生地の半量をしきつめる。
ゴムべらやスプーンの腹でおさえながら広げるとよいです。

その上にぶどうを汁ごと流し入れて広げる。

その上にフルーツを汁ごと流し入れて広げる。粉も残らず。
(今回は種なしぶどうを使用。)

最後に残り半量の生地を手でちぎりながらのせる。

最後に残り半量の生地を手でちぎりながらのせる。
ちぎる大きさは適当でいいですが、なるべく均等に広がるようにちらします。

180℃に予熱したオーブンで40〜45分焼く。
いい香りがしてきたらそろそろ。
表面がこんがり、カリッとしていたら完成。

簡単フルーツコブラー

焼きたてにバニラアイスをのせていただきます。
表面はサクサク!フィリングはジューシー、下の生地はしっとり♪
幸せおやつ。

蜂蜜少々を混ぜたクリームチーズと、ブルーベリーをちらしました。

蜂蜜少々を混ぜたクリームチーズと、ブルーベリーをちらしました。
水切りヨーグルトを使ってもおいしい。

薄力粉の代わりに全粒粉1、オートミール1カップで作ります。

【アップルクランブル】
薄力粉にオートミールとアーモンドプードルを配合。りんご、シナモンをのせて焼きます。

ブルーベリーを360g、たっぷりのせて焼いたベリーパイ風。まぶす用のくず粉ときび砂糖は大さじ2に増やして。

ブルーベリーを360g、たっぷりのせて焼いたベリーパイ風。まぶす用のくず粉ときび砂糖は大さじ2に増やして。

焼きたてのフルーツコブラーにはバニラアイスがとっても合います。ぜひお試しあれ。

栄養素(1/8カット)

エネルギー
294kcal
タンパク質
3.0g
脂質
12.3g
炭水化物
43.6g
食物繊維
2.0g
塩分
0.1g