ビタミンが生きてるチアジャム

このレシピについて

わが家では夏になるとよく作る、ロージャムです。
加熱を一切せずに作れる「酵素・ビタミンが生きたジャム」なんです。

本来、ジャム作りには大量の砂糖を入れて、コトコト煮込む必要がありますが、
これは、生の果物を潰してチアシードを混ぜるだけ。
チアシードがゲル化する力を使ってジャムにします。

砂糖を入れなくてもじゅうぶん美味しいんですよ。

生なので加熱ジャムよりは日持ちしませんが、冷凍保存は出来ます。

食べたい分だけ作れば毎回フレッシュだし、
甘〜いデザートを食べるより体にはずっといいかな。

栄養素(大さじ1)

エネルギー
14kcal
タンパク質
0.1g
脂質
0.0g
炭水化物
2.2g
食物繊維
0.2g
塩分
0.0g

コツ・ポイント

■冷凍のベリー類を使えば、解凍の際に果物の細胞壁が崩れて果汁が出やすくなるので、味が染み込みやすいです。
マンゴーやパイナップル、キウイやぶどうで作っても美味しいですよ。
■日持ちは冷蔵で3〜4日ほどですが、冷凍しておけば1ヶ月はもちます。

材料

(作りやすい分量)
・お好きなベリー類(いちご、ブルーベリー、ラズベリーなど、冷凍のものがあるとベスト)…約1カップ
・レモン汁… 少々
・チアシード…大さじ1強
・好みで甘味料(ハチミツ、メープルシロップ、羅漢果など)…大さじ1(羅漢果なら小さじ1〜2)
・好みでラム酒やバニラエッセンス…少々
温泉水計測バナー用

作り方

【生のベリー類で作る方法】
ベリー類を適当につぶして果汁を出す。
(完全につぶさずに形が残る程度にすると美味しいです)

適当なビンに、つぶしたベリー、その他の材料をすべて入れて、ざっと混ぜる。

ビタミンが生きてるチアジャム

30分ほど放置すると、チアシードがジェル状にふやけて、とろりとしたジャムの出来上がり。

チアジャム

【冷凍ベリー類で作る方法】
ビンに凍ったままのベリー類とその他の材料もすべて入れ、ざっと混ぜる。

チアジャム

そのまま冷蔵庫で解凍する。
ベリー類が溶けてきたら少し果肉をつぶしながらかき混ぜ、チアシードが均等にふやけるようにする。

ビタミンが生きてるチアジャム

完全に解凍されて全体がジェル状になったら出来上がり。

チアジャム

ヨーグルトにかけて。
アイスクリームやチーズケーキのトッピングにもGOOD。

チアジャム

ブルーベリーバージョン。
非加熱ジャムなので日持ちは4〜5日ですが、
生のいちごやブルーベリーよりずっと日持ちしますね。

“もりくみこ”
もりくみこ

家族の体は、お母さん、お父さんの作るご飯でできている。「こだわるけど、とらわれない」を基本に、簡単シンプルレシピをお届け。