温泉卵

このレシピについて

温泉卵はいつもこの作り方で失敗なしです。
卵は温泉卵にすると一番消化吸収が良くなるんですよ。
温泉卵があれば麺類、丼もの、パスタ、いろんな料理にタンパク質をプラスできますね。

“もりくみこ”
もりくみこ

家族の体は、お母さん、お父さんの作るご飯でできている。「こだわるけど、とらわれない」を基本に、簡単シンプルレシピをお届け。

コツ・ポイント

■卵の個数によって湯に置く時間は変わります。
目安は卵4個で置く時間は10分です。
卵2〜3個なら火の通りは早くなるし、逆に多い場合は置く時間を長くとりましょう。

材料


・卵…4個

作り方

卵は常温に戻しておく。
小さめの鍋に湯を沸かし、卵を入れてフタをし、そのまま10分待つ。

10分たったらお湯を捨て、卵を取り出し、そのまま冷ます。夏場は卵に火が入りやすくなるので、湯を捨てたら水にさらす。

温泉卵は殻が割れていなければ冷蔵庫で1週間は日持ちします。

温泉卵は殻が割れていなければ冷蔵庫で1週間は日持ちします。多めに作ってストックしておくと良いですね。

炊きたてご飯にアボカド、海苔の佃煮、大葉やねぎ、そして温泉卵のせ。醤油麹や鰹節も合います。

炊きたてご飯にアボカド、海苔の佃煮、大葉やねぎ、そして温泉卵のせ。醤油麹や鰹節も合います。
栄養バランス抜群の朝ごはん。

まろやか豆乳ごまだれキムチそうめんにも温泉卵が合います。
■まろやか豆乳ごまだれキムチそうめんのレシピはこちらを参照
まろやか豆乳ごまキムチそうめんorうどん。