大根葉とひじきのそぼろ炒め

このレシピについて

大根やかぶのの葉っぱには、鉄分・カルシウム・マグネシウムなどミネラルがたっぷり。
食べるものに捨てるところなしです。

わが家では葉っぱと、ひき肉と、ひじきを合わせてそぼろを作り、
お弁当のご飯の上にのせるのが好評です。

ひき肉に高野豆腐そぼろを混ぜれば食物繊維・マグネシウム・カルシウムもアップ。

栄養たっぷりなので、わが家では「ミネラルそぼろ」と言っています。

青菜は油脂と合わせるとビタミンの吸収がグンとアップします。
油でしっかり炒めることでアクも飛ぶので、子供でも食べやすくなるんですよ。

“もりくみこ”
もりくみこ

家族の体は、お母さん、お父さんの作るご飯でできている。「こだわるけど、とらわれない」を基本に、簡単シンプルレシピをお届け。

コツ・ポイント

豚肉や鶏肉は、切り落とし肉や鶏もも肉を買ってきて、フープロで自分でミンチにしたほうが断然ジューシーで新鮮なのでオススメです。包丁で細かくしてもいいですよ。

材料

(作りやすい分量)
豚切り落とし肉(または豚ひき肉)…150g
・高野豆腐…1個
・ひじき…20g
・大根の葉(またはカブの葉)…1束分
・生姜…1片分
・オリーブオイル…大さじ1
・塩…小さじ1/2
・酒…大さじ1
・醤油…大さじ1
・みりん…大さじ2

作り方

ひじきには有害なヒ素が多く含まれるので、たっぷりの水で戻したら3回水を替えてしっかり洗う。
大根葉、生姜はみじん切りに。

豚肉はフープロにかけてミンチにする。または包丁で細かくする。
フープロは洗わずにその後で高野豆腐をミンチにします。

高野豆腐は水で戻し、水気を絞ってから、フープロにかけてミンチにする。

フライパンにオリーブオイルを熱し、生姜、ひき肉を炒める。
ひき肉に火が通ってきたら塩をふり、高野豆腐、ひじきを加え炒める。

全体に油がまわったら、大根葉を加え炒め合わせる。
大根葉がしんなりしてきたら酒・みりんを加え、汁気がなくなるまで炒める。

大根葉とひじきのそぼろ炒め

最後に醤油をまわしかけて、ざっと炒め合わせて味をなじませる。
味をみて、必要であれば醤油などを足す。
出来上がり。

栄養素

エネルギー
743 kcal
タンパク質
45.4g
脂質
45.0g
炭水化物
39.6g
食物繊維
14.9g
塩分
5.5g