このレシピについて

自分で作るようになってからは、イングリッシュマフィン感が変わりました。
この食感を知ったら市販品は買えません。これはちょっと感動もの。

こんなに単純な材料なのに、買ってくるものより全然美味しいんだもの。
オーブンがなくてもフライパンでも焼けます。

とってもシンプルな材料で、子供に安心・安全なものを食べさせられますね。

“もりくみこ”
もりくみこ

家族の体は、お母さん、お父さんの作るご飯でできている。「こだわるけど、とらわれない」を基本に、簡単シンプルレシピをお届け。

コツ・ポイント

■生地がベトついて扱いづらい場合は、打ち粉をしてください。
■厚紙の型は1回作ってしまえば、何回も使いまわせます。
■焼き上がりはもちもち!!
冷めたらひとつづつラップして冷凍保存。
ラップに包んだまま常温に戻し、トースターで温め直します。

材料

(8〜9個分)
・強力粉…300g
・きび砂糖…大さじ1
・塩…小さじ1
・水(手ごねの場合はぬるま湯)…1カップ
(※その日の湿度や粉の種類によって微調整。生地につやが出るまで190〜210cc。)
・好みの油(バターでもオリーブオイルでも何でも◎)…大さじ1
・コーングリッツ(コーンミール)…適量(生地の両面にふりかける分)
・ドライイースト小さじ…1.5(5g)

作り方

簡単な焼き型を作ります。 厚紙とホチキスで高さ3~4cm、直径9cm位の丸型を作り、アルミホイルで包む。 おしまい♪

簡単な焼き型を作ります。
厚紙とホチキスで高さ3~4cm、直径9cm位の丸型を作り、アルミホイルで包む。
おしまい。

ホームベーカリーがあれば、コーングリッツ以外の材料をすべてケースにセットし、
「パン生地コース」で一次発酵までおこなう。

手ごねの場合は、コーングリッツ以外の材料をボウルに入れてぬるま湯を注ぎ、菜箸またはスプーンなどで軽く混ぜる。

手ごねの場合は、コーングリッツ以外の材料をボウルに入れてぬるま湯を注ぎ、菜箸またはスプーンなどで軽く混ぜる。

粉がダマになってきたら、手でこね始める。 生地にツヤと弾力が出るまで、しっかり10分ほどこねたら、ひとつにまとめる。

粉がダマになってきたら、手でこね始める。
生地にツヤと弾力が出るまで、しっかり10分ほどこねたら、ひとつにまとめる。

ボウルにラップをし、温かい部屋で生地が2~3倍に膨らむまで一次発酵させる。
夏場なら常温でもどんどんふくらんできます。

一次発酵が終わったら、もう一度ひとつに丸め直してから8〜9分割する。
硬くしぼった濡れ布巾をかぶせ、15分ベンチタイム。

ひとつづつ丸め直し、表面にコーングリッツをまぶす。
生地をころがしかながら、両面にまんべんなくくっつけてね。

天板に型を並べて生地を入れ、上にオーブンシートをかぶせる。 その上にもう一枚天板(または大きめの耐熱皿など)をのせる。

天板に型を並べて生地を入れ、上にオーブンシートをかぶせる。
その上にもう一枚天板(または大きめの耐熱皿など)をのせる。

暖かい部屋で生地が2倍にふくらむまで50~60分2次発酵させる。
(オーブンの発酵機能なら40℃で30〜40分ぐらい。)

生地に天板をのせたまま、190℃に予熱したオーブンで20分ほど焼く。 生地の底が薄く色づいていたら焼きあがり。

【焼成】
生地に天板をのせたまま、190℃に予熱したオーブンで20分ほど焼く。
生地の底が薄く色づいていたら焼きあがり。

生地に天板をのせたまま、190℃に予熱したオーブンで20分ほど焼く。 生地の底が薄く色づいていたら焼きあがり。

【フライパンで焼く場合】
フライパンに生地を並べ、オーブンシートをのせ、その上に皿(またはやや小さい鍋のふた)をのせる。

上からさらにフタをして、暖かい部屋で生地が2倍に膨らむまでそのまま2次発酵させる。
(ふたを開けて様子を見ても大丈夫。)

【フライパンでの焼成】
生地に皿と上ぶたをのせたまま、フライパンに火をつける。(弱火で!)

そのまま弱火で8分、裏返したらフタをすべてはずして8分焼いたらできあがり!
生地の底が薄く色づいていたら焼きあがり。

※ご家庭のオーブン、フライパンによって焼き時間は調整してください。
底面の焼き色が薄ければ、焼き時間を2〜3分づつ追加。

豚肉を牛肉に代えれば、ハンバーガーのビーフパテに変身します。

「手作りソーセージパテ」をはさんで。
子供もにんまり、安心素材。
余計なものは入ってません。

▸作り方はこちら
誰でも簡単。手作りソーセージ&パティ。

栄養素(1 個)

エネルギー
146kcal
タンパク質
4.2g
脂質
2.4g
炭水化物
25.6g
食物繊維
1.0g
塩分
1.1g