このレシピについて

手作りしたいけどオーブンも時間もない方に。
混ぜたら冷やすだけ。口どけなめらか。生クリームがなくても豆乳で作れますよ。
ラム酒をシャンパンに変えたり、コーヒー味にしたり、豆乳を増やしたり、チョコレートの種類によっても味や硬さを変えられます。
このみの生チョコアレンジを楽しんでみて。

“もりくみこ”
もりくみこ

家族の体は、お母さん、お父さんの作るご飯でできている。「こだわるけど、とらわれない」を基本に、簡単シンプルレシピをお届け。

コツ・ポイント

■バターの代わりに溶かしたココナッツオイルや菜種油を使ってもOK。

材料

(作りやすい分量)
・チョコレート…100g
・豆乳…大さじ3
・バター…10g
・ラム酒…小さじ1
・ココアパウダー…適量

■【アレンジ1:ジャンドゥーヤ風味】
・ミルクチョコレート…100g
・ピーナッツバター…大さじ2
・豆乳…大さじ2
・バニラエッセンス…数滴

■【アレンジ3:抹茶ホワイト】
・ホワイトチョコレート…100g
・豆乳…大さじ3
・バター…10g
・バニラエッセンス…数滴
・抹茶 粉末…適量

作り方

本格的に仕上げる秘密はこれ。

本格的に仕上げる秘密はこれ。
スーパーのお酒コーナーにあるラム酒です。
お菓子作り全般に使えますよ。

材料をすべてボウルに入れ、熱湯にチョコのボウルの底をあてて湯煎で溶かす。または材料すべてをレンジで40秒加熱して溶かす。

材料をすべてボウルに入れ、熱湯にチョコのボウルの底をあてて湯煎で溶かす。または材料すべてをレンジで40秒加熱して溶かす。

オーブンシートを敷いたタッパーやバットなどに②を平らに流し入れる。
厚紙とホチキスを使って、簡単な型を作っても◎。

冷蔵庫に入れ、チョコが完全に固まったらココアパウダーをたっぷりまぶし、包丁で切り分ける。

冷蔵庫に入れ、チョコが完全に固まったらココアパウダーをたっぷりまぶし、包丁で切り分ける。

ラム酒をシャンパンに変えたり、コーヒー味にしたり、豆乳を増やしたり、チョコレートの種類によっても味や硬さを変えられます。

ラム酒をシャンパンに変えたり、コーヒー味にしたり、豆乳を増やしたり、チョコレートの種類によっても味や硬さを変えられます。

一口大に手で丸めてココアをまぶせばトリュフに。 小さなお菓子の空箱に入れて、ラッピングするとかわいいですよ。

一口大に手で丸めてココアをまぶせばトリュフに。
小さなお菓子の空箱に入れて、ラッピングするとかわいいですよ。

 

栄養素(全量)

エネルギー
681kcal
タンパク質
9.5g
脂質
44.4g
炭水化物
59.3g
食物繊維
5.2g
塩分
0.2g