にんにくの芽の花山椒炒め

このレシピについて

中華料理は「油通し」という面倒な下ごしらえが必要。
でもこの「湯通し法」ならうま味も逃がさず、水も出ない!
炒める時の油の量も減らせます。
最初にサッと湯を通しておくことで、ベシャッとした仕上がりの中華炒めにならず、美味しさのつまった炒め物になりますよ。

“もりくみこ”
もりくみこ

家族の体は、お母さん、お父さんの作るご飯でできている。「こだわるけど、とらわれない」を基本に、簡単シンプルレシピをお届け。

コツ・ポイント

■野菜の下ゆではシャキシャキ感が残るように、30秒ぐらいで引き上げてください。
■合わせ調味料は多めに出来る分量なので、フライパンにまわし入れる時は、味を見ながら加えていってください。

材料

(2〜3人分)
・にんにくの芽(キャベツ、ピーマン、アスパラ、もやし、どんなお野菜でもOK!)…1束
・長ねぎ(斜め小口切り)…10cmぶん
・豚うす切り肉(牛肉でも美味しい!)…150g
・○塩・こしょう…少々
・○片栗粉(またはくず粉)…大さじ1
・○酒…大さじ1
・にんにく・生姜のせん切り…各1片ぶん
・豆板醤…小さじ1/2〜お好みで
・ごま油…大さじ1〜2
・●オイスターソース…大さじ1
・●紹興酒(なければ料理酒)…大さじ1
・●醤油…小さじ1
・●味噌…小さじ1
・●きび砂糖…小さじ1
・花山椒(なければ普通の山椒)…好きなだけ

作り方

豚肉に○の調味料を揉みこんでおく。
(○の片栗粉が炒める時に野菜の水を吸ってくれます。)
にんにくの茎は食べやすく切る。

小鍋に湯を沸かし、塩ひとつまみと油をひとまわし(大さじ1ぐらい)入れ、にんにくの茎をサッと茹でてザルにあげる。
↑下ゆでと同時に野菜が油でコーティングされるので、野菜のうま味も閉じこめ、水っぽくならない。炒める時の油も減らせます。

●の調味料を混ぜ合わせておく。
フライパンにごま油と生姜・豆板醤を入れ中火にかける。
香りが出てきたら豚肉を加え炒める。

ねぎ・にんにくの茎を加えたら●の調味料をまわし入れてザザッと混ぜる。

ねぎ・にんにくの茎を加えたら●の調味料をまわし入れてザザッと混ぜる。
最後に山椒をたっぷりふって出来上がり。

栄養素

エネルギー
268kcal
タンパク質
11.2g
脂質
17.2g
炭水化物
13.5g
食物繊維
1.68g
塩分
1.75g