サングリア
このレシピについて

暑い日には、赤ワインのポリフェノールと、フルーツのビタミンたっぷりのサングリアで乾杯。

スパイスとフルーツの甘みが詰まったサングリアは、美容にもうれしいデザートワインです。

通常は生の果物を使うサングリアですが、ドライフルーツを使えばエキスの抽出が早く時短になるだけでなく、果物のうまみたっぷりに仕上がります。

食後につめたく冷やしてどうぞ。

コツ・ポイント

■赤ワイン1本分で作るなら、1.5〜2リットルぐらいのピッチャーを用意しましょう。
■甘味料に羅漢果やステビア、キシリトールなどの天然の低糖質甘味料を使えば、糖質オフのお酒になりますね。

材料 (作りやすい分量)
・赤ワイン… 1本
・好みの柑橘類(レモン、オレンジ、甘夏など)… 適量
・好みのフルーツ(りんご、桃、すもも、パイナップル、ベリー類など)… 適量
・好みのドライフルーツを何種類か取り混ぜる(ドライいちじく、デーツ、プルーン、ドライマンゴー、ドライパイナップル、クコの実、クランベリーなど)…ひとつかみ
・好みの甘味料(はちみつ、甜菜糖など)… 大さじ4(好みの甘さに調整)
・カルダモン(あれば)…2〜3粒
・好みのスパイス(スターアニス、グローブなど)…2〜3粒
作り方
サングリア

ピッチャー(またはボトル)に赤ワイン以外の具材を入れる。
そこに赤ワインをたっぷり注いで出来上がり。

サングリア

入れる具材や量はお好みで。
スパイスが苦手ならシナモンだけでもOK。
飲み終わった後のフルーツも美味しく食べられますよ。

サングリア

ビタミンも酵素もたっぷりでアンチエイジングにもうれしい。
暑い日のデザートワインにいいですね。