もう一品に。小松菜とささみの酒粕ごま和え
このレシピについて

美肌にも美腸にも欠かせない酒粕。
わが家の冷蔵庫には必ず常備してあります。

低温でしっとり蒸し上げたささみ肉と、
ビタミン・ミネラルたっぷりの小松菜、
そしてアミノ酸の宝庫の酒粕が、
意外にも合うんです。

味つけは、塩麹や醤油の他に、白味噌や麦味噌などを使っても美味しい。
酒粕と味噌は同じ発酵食品同士なので相性が良いんです。

ねりごまの油分が、全体をまろやかにまとめてくれますよ。

コツ・ポイント

■味つけは、塩麹や醤油の他に、白味噌や麦味噌などを使っても美味しいです。
■酒粕と味噌は同じ発酵食品同士なので相性が良いですよ。

材料 (4人分)
・小松菜…1束
・鶏ささみ肉…4本

■和え衣
・酒粕…20g
・白ねりごま(またはすりごま)…大さじ1
・塩麹(または醤油)…大さじ1
・きび砂糖(またはハチミツ、メープルシロッップ、ココナッツシュガーなど好みの甘味料)…小さじ1
作り方

小松菜は少量の水をふり、鍋で蒸す。
もしくは、たっぷりの湯でさっとゆでて、水気をしぼる。

ささみ肉は少量の湯を張ったフライパンに並べ、ふたをしてごく弱火で加熱し、しっとりと蒸し上げる。
冷めたら手でほぐす。

和え衣の材料をすり鉢に入れ、すりこ木でなめらかになるまで混ぜ合わせる。

小松菜とささみ

食べやすく切った小松菜、ささみをすり鉢に加え、和え衣をからめ合わせる。
好みでおろし生姜をのせていただきます。

もう一品に。小松菜とささみの酒粕ごま和え

味つけは塩麹や醤油の他に、白味噌や麦味噌を使っても美味しいです。
酒粕と味噌は同じ発酵食品同士なので相性が良いですよ。