手作りアーモンドミルク
このレシピについて

アーモンドミルクやカシューミルクの優しい味わいが好きなので、
よく手作りのナッツミルクを作ります。

豆乳よりもサラッとしていて飲みやすく、ローカロリーで美肌に嬉しいナッツの栄養がたっぷり。
牛乳の代わりに、コーヒー・紅茶に、お菓子作りに。
豆乳が苦手な方におすすめの代替ミルクです。

ナッツの搾りかすにも食物繊維やミネラルなどの栄養がたっぷりなので、
お菓子作りや料理に活用してください。

コツ・ポイント

■水3カップでさらっと軽めの仕上がり。
濃いミルク感を味わいたい時は、水を2~2.5カップに。
逆にさっぱり飲みたい場合は、水を多めに増やしてください。
■ローストしたアーモンドには生物毒(酵素抑制物質)は残っていませんのでご安心ください。

材料 (作りやすい分量)
・生アーモンド(または生カシューナッツ、なければローストしたものでも可)…1カップ
… ※2〜3カップ(浸水の分量は除く)
作り方

生のナッツは酵素抑制物質という人体にとって毒になるもの(=アク)を含んでいるので、必ず水に一晩浸しアク抜きをします。

アーモンドまたはカシューナッツ1カップを一晩に浸す。
(アーモンドは12時間、カシューナッツの場合は3時間位で大丈夫です)

手作りアーモンドミルク

浸水後、アクの出た水を捨ててから、新しい3カップと一緒にミキサーにかける。
ミルクみたいな色と甘さ!

手作りアーモンドミルク

布巾やガーゼ等でこし、ギュッとミルクをしぼったら完成。

手作りアーモンドミルク

アーモンド1カップから、ミルクが3カップ(600cc)も搾れます!

手作りアーモンドミルク

しぼりたてのナッツミルクはほんのり甘みがあり、カフェオレやホットココアにもぴったり。
杏仁豆腐やパンケーキを作っても美味!

手作りアーモンドミルク

残った搾りカスには食物繊維が豊富。
そのままアーモンドプードルとしてクッキーやマフィン、タルトなどお菓子作りに使えます。

手作りアーモンドミルク

アーモンドミルクチャイ。
紅茶に生姜、シナモン、カルダモン、クローブを加えて煮出し、アーモンドミルクと蜂蜜少々を加える。

手作りアーモンドミルク

かぶとアーモンドミルクのポタージュスープ。
アーモンドの優しい甘さは、にんじんのポタージュやコーンスープなどもオススメ。

手作りアーモンドミルク

見た目は一緒ですが、こちらはクルミで作ったくるみミルク。
くるみのコクと甘さがコーヒーにぴったりです。

手作りアーモンドミルク

くるみの搾りかすを混ぜ込んだカップケーキ。
油脂を入れなくても、くるみパルプのおかげでしっとり、リッチに焼きあがります。

手作りアーモンドミルク

卵乳製品・グルテンフリー。アマンディーヌ。
アーモンドミルクを作った後のしぼりかすで作るグルテンフリーの簡単アーモンドタルト。

◆作り方はこちらを参照
卵乳製品・グルテンフリー。アマンディーヌ。

備考

生のナッツがない場合は、素焼きのものでもOK。
ローストアーモンドは香ばしさが加わるので、お菓子作りに使うと良い香りに。