材料3つだけ。ママンのチョコレートムース

このレシピについて

今回は、焼かずに作れるとっても簡単なチョコレートスイーツの作り方をお教えします。

材料は、
新鮮な卵と、
チョコレートと、
バターのみ。
あればラム酒を加えれば最高。

低糖質で高たんぱくでお肌の修復に良さそうなローなチョコレートムースです。

口に入れた瞬間、ふわん、とろん、
と淡雪みたいにとろけます。

実はゼラチンを使わずに作るムースは、フランスの家庭的なレシピ。
だから分量が少しぐらい適当でも大丈夫です。
だって家庭のおやつですからね。

コツ・ポイント

■チョコレートはカカオ80%のものを使いました。(かなりビターで、出来上がりに甘さはあまりありませんが、低糖質です。糖質制限している方にはオススメ。少し甘みが欲しい方はカカオ70%、しっかり甘くしたいならカカオ50%を使ってくださいね。)

材料

(4人分)
・ビターチョコレート…100g
・バター(またはココナッツオイル)…10g
・卵M…3個(Lなら2個)
・お好みでラム酒やバニラエッセンスなど…少々
温泉水計測バナー用

作り方

チョコレートムース

卵を卵黄と卵白に分ける。
チョコレートとバターを一緒にボウルに入れて湯煎で溶かしてから、卵黄を加え、しっかり混ぜる。

チョコレートムース

卵白に塩ひとつまみを入れて、ピンと角が立つまで泡立てる。
ボウルを逆さにしても落ちない位に、しっかりしたメレンゲを作る。

ママンのチョコレートムース

ポイントは、メレンゲにコシのあるつやが出てくるまで混ぜること。
メレンゲの泡がぶわぶわして荒い段階ではまだ泡立て不足。

ママンのチョコレートムース

①にメレンゲの1/3量を加え、泡立て器でよくなじませる。
あとはゴムべらに持ち替えて、残り全量をさっくりと混ぜ合わせる。

材料3つだけ。ママンのチョコレートムース

ボウルごと半日しっかり冷やし固めたらスプーンですくって盛りつけ。
ベリー類やナッツをのせたり、削ったチョコを飾っても。

材料3つだけ。ママンのチョコレートムース

小さなココットに均等に流し入れてから冷やし固めてもOK。
いちごを飾ってキュートに。

チョコレートムース

スプーンですくうと、ふんわり。
とーっても濃厚ですが、口に入れた瞬間、淡雪のようにとろけます。

ママンのチョコレートムース

小麦粉を使わないので食後でも胃に負担のかからないデザートです。
卵はなるべく新鮮なものを選んでください。

ママンのチョコレートムース

12cm型のケーキ型に流し、160度で30分焼けば、粉なし「ガトーショコラ」に。
生チョコのような濃厚さ!

チョコレートムース

小さなマフィン型に流し入れて、180度のオーブンで16〜18分焼けば「粉なしフォンダンショコラ」に。

チョコレートムース

小さなマグカップに入れて焼けば、「おひとり様フォンダンショコラ」。
外はさくっ、中はとろ〜り。焼くとまた違った味わい。

栄養素(1個)

エネルギー
219kcal
タンパク質
6.3g
脂質
14.9g
炭水化物
14.1g
食物繊維
1.0g
塩分
0.2g
“もりくみこ”
もりくみこ

家族の体は、お母さん、お父さんの作るご飯でできている。「こだわるけど、とらわれない」を基本に、簡単シンプルレシピをお届け。