大根湯
このレシピについて

みなさん風邪ひいていませんか?
のど、イガイガしていませんか?
足先が冷えてなかなか寝つけない人いませんか?
急な気温の変化でお腹が張ったり、胃腸の調子崩していませんか?
肩こり、生理痛、ひどくなっていませんか?

風邪やのど痛の諸症状から血行、胃腸の不調にまで効果のある万能な漢方、
「第一大根湯」の作り方です。

といっても難しいものではありません。
要は、「昔ながらのおばあちゃんの薬箱」です。
おばあちゃんに作ってもらったことがある方も多いのではないでしょうか。

飲み終わった後は、冷たかった手足がすぐにぽっかぽかに。
かなり即効性があります。

発汗と解熱を促すので風邪のひき始めにはぴったりの飲み物。
ぜひ試してみてください。

コツ・ポイント

■頭痛のとき、二日酔いのとき、便秘のとき、のどが痛いとき、疲れているとき、冷えているとき、寝つけないとき、私はいつも第一大根湯(梅干入り)を飲みます。
化学物質と添加物でできた薬より体に負担はかからないです。
自分の体は、自分しか治せないものね。

材料 (発熱時1回分)
・大根おろし…大さじ3
・生姜のすりおろし…小さじ1
・醤油…大さじ1
・番茶(または三年番茶、お湯)…2カップ ※緑茶はカフェインが多いので×です。
作り方

材料をカップに入れます。

大根湯

カップに熱い番茶を注ぎ、冷めないうちに飲む。
発熱時は全量を飲み、布団に入るとすぐに発汗し解熱効果が出ます。

第一大根湯

私は第一大根湯に梅干を入れて飲むのが好きです。
(梅干しは体を温めて血液をキレイにしてくれます)
美味しいです。