このレシピについて

さといもが美味しい季節にかならず作るおかずです。
外はカリッ。中はもっちりとろり。
カラリと揚げて、つける。
それだけなのに里芋がいちばん美味しく感じます。

里芋はお腹の調子を整え、胃腸の粘膜を強くし、免疫力を高めるねばり成分が豊富。
漢方では肝臓・腎臓の薬としても重宝されています。
消化も良く、植物性たんぱく質も多いんですよ。
ぜひ、日本のスーパーフード「里芋」で秋冬のお腹を整えてくださいね。

コツ・ポイント

■里芋はお腹の調子を整え、胃腸の粘膜を強くし、免疫力を高める粘り成分が豊富。
漢方では肝臓・腎臓の薬としても重宝されています。
消化も良く、植物性たんぱく質も多いんですよ。

材料


・里芋(小さめの小芋。大きいものは半分に切る。)…15個ぐらい(大きい物なら5〜6個)
・小麦粉+片栗粉…各大さじ1
・☆めんつゆ…1/4カップ
・☆みりん…1/4カップ
・☆(またはだし汁)…1/4カップ~味をみて調整
・あれば大葉・ねぎ・しょうが・大根おろしなど…適量

■めんつゆを使わないつけ汁
・しょうゆ…大さじ3
・みりん…大さじ3
・(甘めのつゆが好きな方は)砂糖…大さじ1
だし汁(または昆布を浸した)…1/4カップ〜味をみて調整
温泉水計測バナー用

作り方

里芋は皮つきのまま水からゆでる、または蒸す。(竹串が刺さるまで)
または皮つきのままレンジで柔らかく蒸す。

里芋が熱いうちに水にさらし、ツルンと皮をむく。(あまり水につけすぎると水っぽくなる)
または粗熱がとれてから皮をむく。

ビニール袋または紙袋に里芋を入れ、塩、片栗粉、小麦粉(or米粉)を入れてシャカシャカふり、粉をまぶす。

ビニール袋または紙袋に里芋を入れ、塩、片栗粉、小麦粉(or米粉)を入れてシャカシャカふり、粉をまぶす。

つけだれの材料をすべて合わせ、沸騰寸前まで温めてみりんのアルコールを飛ばしておく。

180℃に熱した油で里芋をカラッとするまで揚げる。
ひき上げる直前に油の温度を上げて、表面をこんがりとさせる。

油をきり、熱いうちに里芋を4のつゆにひたす。

油をきり、熱いうちに里芋を④のつゆにひたす。 大根おろしや大葉、針しょうがやネギなど、好みの薬味を添えていただきます。

ちなみにこの里芋、おつまみやおやつ代りに食べるなら、揚げたてに塩をふっただけで食べるのもオススメです!

栄養素

エネルギー
565 kcal
タンパク質
11.3g
脂質
0.8g
炭水化物
120.7g
食物繊維
12.1g
塩分
5.0g
“もりくみこ”
もりくみこ

家族の体は、お母さん、お父さんの作るご飯でできている。「こだわるけど、とらわれない」を基本に、簡単シンプルレシピをお届け。