冷凍野菜のまろやかスープ
このレシピについて
青菜やブロッコリーなどの痛みやすい野菜は、
旬のうちに茹でて冷凍しておくと
いつでも栄養価が高いままで食べられるんですって。
それに冷凍した野菜は解凍するとどうしても食感が悪くなりがちですが、
スープやポタージュにすればそれも気にならず、美味しく食べられますね。
冷凍にしておいた茹で野菜と、
炒め玉ねぎ、
ノンホモ牛乳をミキサーにかけて、
お塩と生クリームを少し。
それだけ。
季節の旬を閉じ込めた、まろやかなごちそうです。
コツ・ポイント

■冷凍野菜は解凍される際に野菜の細胞膜が壊れるので、生野菜よりも、野菜の栄養素が吸収しやすい状態になるんですよ。
赤ちゃんや病人にサラダやスムージーは受けつけないけど、スープというのは赤ちゃんからお年寄りまでどんな人でも食べられます。

材料 (作りやすい分量)
・お好みの野菜冷凍(ブロッコリー、アスパラ、グリーンピース、小松菜、にんじん等)…150〜200g程度
・炒め玉ねぎ…1/2個分
オリーブオイル(またはバター) …大さじ1※炒め玉ねぎ用
・牛乳または豆乳…2カップ〜好みの濃度に調整
・塩小さじ…1/2弱(好みの塩加減に)
・こしょう…適量
・ご飯(とろみづけ用。またはパンのかけらでもOK)…一口分(大さじ1程度)
作り方

玉ねぎに塩をふり、しんなりするなるまでバターorオリーブ油で炒める(塩をふって炒めることで水分が早く飛び、甘みが増す)。

全ての材料をミキサーにかけてなめらかにしてから鍋に移し、弱火で沸騰しないように温めて出来上がり。

好みでブイヨンやだし汁を足してもよい。
仕上げに生クリームをたらすと、とってもまろやか。

冷凍野菜のまろやかスープ

炒め玉ねぎも小分けにして冷凍しておくとさらに便利ですよ。
旬のうちに冷凍しておいた野菜なら何でも時短で美味しく作れます。