秘密のミネラル補給。お豆腐入りハンバーグ
このレシピについて
高野豆腐1個には牛乳1本分のカルシウムを含んでいるって知ってました?
鉄分やカリウムなど様々なミネラルも豊富な高野豆腐をひき肉と混ぜて、
栄養価をUPさせましょう。
 
高野豆腐ミンチはまさに鶏肉のような食感と味。
家族も高野豆腐入りだとは気づきません(笑)
 
高野豆腐のふんわり感がプラスされたジューシーなハンバーグは、冷めても美味しいからお弁当のおかずにもぴったりです。
コツ・ポイント

■豆腐感が苦手な方は高野豆腐を1/2個に減らしてみてください。
■今回のつけ合わせはじゃがいもではなく里芋にしてみました。

材料 (ハンバーグ4個分)
・牛肉(薄切り肉や、バラ切り落とし肉がおすすめ)…300g
・高野豆腐…1個
・卵(アレルギーの方は入れなくてもOK)…1個
・玉ねぎ…小さめ1/2個
・パン粉(私は固くなったパンをミルで細かくしてます)…大さじ3
・豆乳…大さじ3
・塩…小さじ1/2
・ナツメグ…少々
・黒こしょう…少々

■ソース
・デミグラスソース(自家製がなければ市販のものでOK)…大さじ4
・ケチャップ…大さじ2
・中濃ソース…大さじ2
・ハンバーグを焼いたあとの肉汁…全部

■和風おろしソース
・大根おろし…すきなだけ
・★醤油…大さじ2
・★みりん…大さじ2
・★酒…大さじ2
・★片栗粉…小さじ2(好みのとろみ加減に)
・ ハンバーグを焼いた後の肉汁…全部
作り方

玉ねぎをみじん切りにして油少々で炒める。
キツネ色に、しんなりするまでしっかり炒めたら、冷ましておく。

高野豆腐を水につけて戻す。
やわらかくなったら水気をギュッとしぼる。
牛肉は適当な大きさにぶつ切りにする。

高野豆腐を適当にちぎり、牛肉と一緒にフードプロセッサにかけてひき肉にする。
大きめのボウルにパン粉と豆乳を入れふやかす。

他の材料もすべてボウルに入れ、粘りが出るまで手でよく混ぜる。
両手でキャッチボールするように空気を抜きながら丸く形作る。

タネの真ん中を指でくぼませたら、油を熱したフライパンに、くぼませた方を上にして入れ、中火で焼く。
こんがりしたら裏返し。

裏返したら水1/4カップを加えてフタをし、火を少し弱めて蒸し焼きにする。
水分が飛ぶまで。

中央に竹串を刺してみて、透明な肉汁が出てきたら焼き上がり!
赤い汁が出るようなら生焼け。
もうちょっとだけ焼きましょう。

フライパンに残った肉汁にソースの材料を入れ、鍋肌についた肉のうま味をこそげ取るようにしながら煮つめたら、ソースの完成!

秘密のミネラル補給。お豆腐入りハンバーグ

【和風おろしソース】
大根おろしは水気をしぼっておく。
大根おろし以外の材料を全て混ぜ合わせておく。
ハンバーグを取り出した後の肉汁に、↑の合わせ調味料を加えてよく混ぜながらひと煮立ちさせる。
しっかりとろみがつくまで。
ハンバーグの上に和風ソースをかけ、大根おろしをのせる。
好みで大葉などを添えても。