シュガートップ

このレシピについて

パン屋さんで人気のパンがおうちで簡単に焼けます。
シンプルな原材料とシンプルな工程。
バターの代わりに「アレ」を使うとソフトでしっとりな仕上がりに。
もちろん王道のバターで作ってもOK!お好みでどうぞ。
手作りなら無添加で安心、焼きたての香りに家族みんなが笑顔になりますね。

“もりくみこ”
もりくみこ

家族の体は、お母さん、お父さんの作るご飯でできている。「こだわるけど、とらわれない」を基本に、簡単シンプルレシピをお届け。

コツ・ポイント

■バターの代わりにクリームチーズを練り込んで、ふわふわで軽い仕上がりに。
もちろんバターでもOK(バターの場合は15gに変更して下さい)。
■いい香りがしてきたら焼き上がりの合図。
生地の底がまだ白いままだったら、2分づつ焼き時間を足します。

材料

(8個分)
・強力粉180g
・薄力粉20g
・きび砂糖15g
・バター(またはKiriクリームチーズ)15g(クリームチーズの場合は1個包装)
・塩3g
・ドライイースト3g(ホームベーカリーの計量スプーンなら小さじ1)
140cc
■トッピング
・豆乳(または牛乳)少々
・バター(またはクリームチーズ)適量
・グラニュー糖(きび砂糖や甜菜糖でもOK)適量(大さじ2程度)

作り方

ホームベーカリーに材料をすべて入れ(イーストは投入口にセット)、「パン生地コース」をスタートさせる。

【手ごねの場合①】
材料をボウルに入れ、ぬるま湯を注いで菜箸で混ぜた後、10分しっかりとツヤが出るまでよくこねる。

【手ごねの場合②】
ボウルにラップまたはぬれ布巾をかけ、生地が2倍の大きさにふくらむまで
暖かい場所に1時間ほど置く。

ぬれ布巾またはラップをかぶせて15分ベンチタイム。

手順①が終了したら、打ち粉をした台にのせて生地を8等分してまるめる。
ぬれ布巾またはラップをかぶせて15分ベンチタイム。

15分たったら生地をまるめ直して天板にのせ、オーブンの発酵機能(40℃)で40〜50分2次発酵させる。

15分たったら生地をまるめ直して天板にのせ、オーブンの発酵機能(40℃)で40〜50分2次発酵させる。

※オーブンの発酵機能がない場合は、暖かくて湿気のある場所で生地が2倍にふくらむまで2次発酵させる(風呂場など最適)。

油をぬったナイフで生地のてっぺんにクープをスッと入れる(1cm深さぐらい)。

油をぬったナイフで生地のてっぺんにクープをスッと入れる(1cm深さぐらい)。
生地がつぶれないようにスッと引くのがコツ!

生地の上にハケで投入をぬる。

オーブンを200℃に予熱を開始。
生地の上にハケで豆乳をぬる。
スプーンの腹で塗ってもいいよ。

クープの切れ目の上に、小さく切ったバター(またはクリームチーズ)をのせる。

クープの切れ目の上に、小さく切ったバター(またはクリームチーズ)をのせる。

ケチらずた〜っぷりかけるのが美味しいさの秘訣。

上からグラニュー糖をたっぷりとかける(今回はきび砂糖をまぶしました)。
ケチらずた〜っぷりかけるのが美味しいさの秘訣♪

200℃に予熱したオーブンで15分焼く。
豆乳をぬった面と、生地の底の両方がキツネ色になったら焼き上がり。