簡単ヴィーガンチーズケーキ
このレシピについて

マクロビ、ヴィーガンの方でも食べられる
「動物性不使用のチーズケーキ」の作り方です。

チーズケーキは焼き菓子作りの中で、一番手軽に作れるケーキのひとつです。
材料をぐるぐる混ぜたら、型に入れて、焼くだけ。

お菓子作りが苦手な方でも、「これだけは作れる」という方が多いのではないでしょうか?

このチーズケーキは以前紹介した「王道チーズケーキ」とは違い、乳製品や卵は使いませんが、
ちゃんと濃厚。ちゃんとチーズケーキです。

ポイントは酒粕と味噌。
この2つの発酵食品が入ることで、チーズのようになるんです。

コツ・ポイント

■ポイントは「味噌と酒粕」。
この2つが入ることで、チーズと似た風味になるんです。

材料 (底の取れる15cm丸型1台分)
■ボトム
・お好きなビスケット…100g
・ココナッツオイル(または好みのオイル)… 50g

■フィリング
・豆乳ヨーグルト(または木綿豆腐)…400g ※水切り後200g(木綿豆腐なら…1丁)
・きび砂糖(またはメープルシロップ)… 80〜100g(好みで調整)
・アーモンドバター(なくてもよい)…大さじ2
・酒粕…50g
・白味噌… 大さじ1
・レモン汁 …大さじ1
・くず粉(または薄力粉や米粉でもOK)…大さじ3
・バニラエキストラクト(またはバニラエッセンス)…小さじ1〜2(バニラエッセンスなら少々)
・※アーモンドバターの代わりに、アーモンドやカシューナッツをフードプロセッサやミルにかけてペースト状にしてもよいですよ。
作り方

チーズケーキのボトムを作る。
ビスケットをジップ袋等に入れ、麺棒などで上からつぶして細かく砕く。(フープロを使っても◎)

ヴィーガンチーズケーキ

①にココナッツオイルを混ぜて、よくなじませたら型に敷きつめる。(指で押しつめながら)
使うまで冷蔵庫で冷やしておく。

ヴィーガンチーズケーキ

豆乳ヨーグルトはペーパータオルを敷いたザルにあけて、一晩しっかり水切りする。(カサが半分ぐらいになるまで)

簡単ヴィーガンチーズケーキ

木綿豆腐を使う場合は、豆腐を布巾またはペーパータオルに包み、皿をのせて1〜2時間よく水切りする。(前日にしておくと便利)

フィリングの材料をすべてフードプロセッサに入れて、なめらかになるまで撹拌する。

フープロがない場合は材料を順に泡立て器でぐるぐる混ぜてなめらかにする。
(豆腐を使う場合は必ずザル等で一度裏ごしをする)

オーブンを160度に予熱する。
④を型に流して平らにし、40~45分焼く。

ケーキの中央に竹串をさしてみて、ドロドロの液体がついてこなければ焼き上がり。

簡単ヴィーガンチーズケーキ

冷めたらラップをかぶせ、型のまま冷蔵庫で丸1日冷やす。
(これが大事!1日寝かすと生地がなじんで美味しくなります!)

簡単ヴィーガンチーズケーキ

豆乳ヨーグルトなら臭みは出ませんが、豆腐で作る場合は、豆腐の臭みを消すために、
バニラエッセンスを多めに入れてください。