このレシピについて

材料は粉・卵・バター・牛乳だけ。
いたってシンプルでオーソドックスなスポンジの作り方です。
ふわふわしっとりのスポンジケーキで作るケーキは、
子供も大人もみんなが笑顔になります。

写真のピンク色のクリームは、実は天然のビーツのペーストを
生クリームに混ぜて作ったんです。
とってもかわいいピンク色になるんですよ。

好きな果物を子供と一緒にデコレーションすれば、楽しさも加わってなおさら美味しくなる。
自分の目でみて、つくるおやつは、おいしい、しあわせ。

コツ・ポイント

■手順②で卵を湯煎にかけて泡立てる際に、卵液が高温になりすぎないように注意する。
■指を入れてみて人肌ぐらいの温度がベストなので、もし高温になりそうな場合は、湯煎からはずして泡立ててください(高温になるとパサついた生地になってしまいます)。

材料
■15cm丸型で作る場合
・卵…3個
・薄力粉(米粉でもOK)…60g
・溶かしバター(または好みの油)…10g(大さじ1)
・牛乳(または豆乳)…大さじ1
・好みの砂糖(きび砂糖やてんさい糖など)…30g(甘さは好みで調整)

■18cm丸型で作る場合
・卵…4個
・薄力粉…80g
・溶かしバター(または好みの油)…20g(大さじ2)
・牛乳(または豆乳)…大さじ2
・好みの砂糖(きび砂糖やてんさい糖など)…50g(甘さは好みで調整)

■【デコレーション】
・生クリーム(乳脂肪分42%以上がおすすめ。)…300ml(15cm型)/400ml(18cm型)
・好みの砂糖(きび砂糖やてんさい糖など)…小さじ2(15cm型)/大さじ1(18cm型)
・バニラエッセンス(またはエキストラクト)…適量
・お好きなフルーツ…好きなだけ
作り方

ケーキ型は底部分にだけオーブンシートを敷き、側面にはシートを張らないようにする。(焼き縮みを最小限に減らすため。)

全卵に砂糖を加えて、湯煎にかけながらハンドミキサーの高速で、白っぽくもったりするまで撹拌する。

もったりしてきたら湯煎からはずし、さらに撹拌してミキサーで「の」の字がかけるくらいに泡立てる(もったりした濃度に)。

溶かしバター(または好みの油)・牛乳を加え、低速で混ぜ合わせる。

薄力粉をふるい入れ、ゴムベラに持ち替えて粉がなじむまでさっくりと混ぜる。

型に流し、180度に予熱したオーブンで20〜30分焼く(15cm型の場合は20分ぐらい)。

(注)画像はココナッツシュガーを使ったので茶色い生地ですが、普通の砂糖を使えば黄色いスポンジケーキになりますよ。

竹串を中央に刺して、ドロッとした液体がついてこなければOK。
型に入れたままケーキクーラの上に逆さにして置き、冷ます。

粗熱がとれたら、型のまわりにナイフを入れて型から外し、乾燥しないようにラップで包んでおく(余熱で生地がしっとりします。)

ココア20gを混ぜて、ココアスポンジに。
ガナッシュやチョコ生クリームをはさんだり、デコレーションすると美味しいですよ。

【デコレーション】
生クリームにバニラエッセンス少々と砂糖を入れ、8分立てに泡立てる。

スポンジケーキの両端に菜箸を置き、菜箸に沿わせるように横から包丁を入れ、2等分にスライスする。

スライスしたスポンジの上に生クリームの1/2量と、好みのフルーツをのせ、もう1枚のスポンジでサンドする。

残りの生クリームをケーキ全体にパレットナイフでぬりつけていき、最後に好みのフルーツや飾りをトッピングして出来上がり!

生クリーム1パック(200ml)につきビーツペースト小さじ1/2、砂糖大さじ1、バニラエッセンスに加える。

ハンドミキサーか泡立て器で8分立てに泡立てれば、かわいいピンククリームの出来上がり。ビーツの味は感じませんのでご安心を。

野菜の栄養をまるごと詰め込んだ無添加のZENBビーツペーストは、もりくみこウェブサイトから購入できますよ。美味しいです!