このレシピについて

サワークリームも発酵食品。
買うと高いサワークリームですが、生クリームを発酵させて作りすれば、
たっぷり容量で使えます。

ヨーグルトはどんなヨーグルトでもOK。
豆乳ヨーグルトでもちゃんと固まりますよ。

料理やチーズケーキ作りにはもちろん、
メープルシロップやはちみつを添えて、
スコーンを楽しむのもいいですね。

“もりくみこ”
もりくみこ

家族の体は、お母さん、お父さんの作るご飯でできている。「こだわるけど、とらわれない」を基本に、簡単シンプルレシピをお届け。

コツ・ポイント

■ ヨーグルトはどんなヨーグルトでもOK。
豆乳ヨーグルトでもちゃんと固まりますよ。
■夏場は常温で4〜6時間、冬場は保温中の炊飯器の上などにおいておけば発酵しやすくなります。
■仕込む時は雑菌が入らないように清潔なスプーンを使いましょう。

材料

(250ml分)
・生クリーム(動物性でも植物性でも出来ます)… 1パック(200ml)
プレーンヨーグルト…大さじ3〜4(ヨーグルトの量はかなり目分量でも作れます)

作り方

生クリームのパックを開け、その中にヨーグルトを入れてよく混ぜる。
口をクリップなどで閉じ、温かい場所に半日放置しておく。

サワークリーム。

固まったら出来上がり。
出来上がったら冷蔵庫で保存を。
冷蔵で10日間もちます。

自家製サワークリーム

酸味や固さはヨーグルトの量と放置時間によって好みに調節できます。
放置時間を長くとるほど発酵が進み、酸味が強くなります。

サワークリーム。

チーズケーキ作りに欠かせないサワークリーム、ぜひ手作りしてみてください。

サワークリーム。

自家製サワークリームにメープルシロップorはちみつを添えて、
スコーンを楽しむのもいいですね。

自家製サワークリーム。

ミネストローネやボルシチにたっぷりのせて
濃厚、クリーミー。
まろやかな味わいに。

サワークリーム。

温野菜にサワークリーム・ガーリックソルト・レモン汁を和えるだけで、栄養バランス抜群なサラダに。
ゆで卵やツナも合います。

栄養素

エネルギー
903kcal
タンパク質
6.2g
脂質
91.8g
炭水化物
9.1g
食物繊維
0.0g
塩分
0.3g