このレシピについて

秋鮭が旬の時期にはスーパーの魚売り場でイクラの筋子を探してみましょう。
旬の食べ物は一年のうちで栄養価が何倍にも高まっています!
高級なイクラの醤油漬けも、自分で漬ければ安い!新鮮!美味!

天然の鮭やイクラや海老や蟹の赤い色素はアスタキサンチンといって、ビタミンEの1000倍の抗酸化力がある、スーパー若返りポリフェノールです。

だから、昔からアイヌの人々の間では「鮭は薬食い」と言われていたのです。

旬の生秋鮭はすべて天然もの!養殖はありません!
今しか味わえない秋の滋養をぜひ食卓にあげましょう!

“もりくみこ”
もりくみこ

家族の体は、お母さん、お父さんの作るご飯でできている。「こだわるけど、とらわれない」を基本に、簡単シンプルレシピをお届け。

コツ・ポイント

■味付けは後で濃くすることは出来ても、薄くすることはできないので、薄味に漬けておいて、必要であれば後から醤油などを足すとよいです。

材料

(筋子1腹ぶん)
・すじこ…1本
・醤油…大さじ1
・みりん…大さじ1
・酒…大さじ1

作り方

秋鮭が出回る季節は魚売り場で「筋子」が売っています。

秋鮭が出回る季節は魚売り場で「筋子」が売っています。生秋鮭と一緒にぜひイクラのすじこも買ってみましょう!

筋子をほぐすのが面倒な場合は、スーパーの魚売り場で店員さんに「これをほぐしてください」と言えばすぐに処理してくれますよ。

調味料すべてを鍋でひと煮立ちさせてアルコールをとばし、冷ます。またはレンジで沸騰寸前まで30秒加熱するだけでもOK。

【筋子をほぐす】40℃のお湯(お風呂の温かさ)に海水程度の塩を入れる。
塩の量は適当で大丈夫。なめて塩辛ければOKです。

筋子を入れて、表面の膜が白っぽくなったら、房を覆った面にある切れ目に指を入れて、房を開く。
※簡単に膜が開いていきます。

膜を開いたら、湯の中でふるうようにして、ほぐしていく。
※塩水の効果でホロホロとほぐれていきます。

ある程度ほぐれたら、指でとっていく。多少荒っぽくても、意外とつぶれないので大丈夫!細かい筋はザルにあけてから洗い落とす。

筋が取れたら湯を捨て、水にさらして汚れをよく洗い、ザルにとる。
ここで水気をよくきっておき、味を染み込みやすくする。

①の調味料にイクラを漬けて、冷蔵庫で一晩おく。
温かいご飯にのせて、パスタに、お酒のおつまみにどうぞ!

冷蔵庫で4〜5日は保存可能。日に日に味は落ちるのでなるべく早めに食べ切るか、冷凍保存しましょう。冷凍すれば1年もちます。