生姜味
このレシピについて

「1日1個のりんごは医者いらず。」

子供の発熱時や、風邪の後の回復食としても重宝している葛ねりの作り方です。

胃腸の調子を整える葛と、りんごのペクチンで内臓を温め、解毒を促します。

私はちょっと食べ過ぎたり、飲みすぎたな〜という翌日は、
このりんごのくず練りだけを食べて「プチ断食」をしたりします。

デトックスは足し算ではなく、引き算が大事。
くず練りを食べる時は、他には何も食べずに、内臓をすっかり休ませてあげましょう。

コツ・ポイント

■ 「りんごのくず練り」はあらゆる不調に効く養生食。
ただし、食事もおやつも色々食べて、くず練りを食べていては本末転倒。
デトックスは足し算ではなく、引き算が大事。
くず練りを食べる時は、他には何も食べずに、内臓をすっかり休ませてあげましょう。

材料 (2人分)
・りんご(またはストレートりんごジュース1.5カップでも◎)…1個
…1/2カップ〜 (りんごと合わせて1.5カップ程度になるように)
・くず粉…大さじ1(ぷるぷるが好きな方はもっと増やしても)
・生姜のすりおろし…少々
・好みではちみつ(生ハチミツ)…好みの甘さに
・自然塩…ひとつまみ
・好みでシナモンや、クローブなど…お好み
作り方

りんごをすりおろし小鍋に入れる。またはとミキサーにかけて小鍋に移す。
りんごジュースを使う場合は、を足さなくてOK。

材料を鍋にすべて入れ、くず粉のダマがなくなるまで混ぜてから、火にかける。
混ぜる前に火にかけるとダマになるので注意。

生姜味

弱火で絶えず混ぜ続ける。
とろみがついて、ツヤのある透明感が出てきたら完成。

生姜味

くずの効果で飲んだ後もずっとお腹ぽかぽか!

生姜味

発熱して食欲がない時に食べさせたり、離乳食としても最適。
りんごのペクチンが腸内をお掃除して、便通も良くしてくれます。

生姜味

食べすぎ等で胃腸が疲れた時には、これを食事代わりにして内臓を休ませます。
1〜2食抜くだけでかなりプチ断食効果あります。

生姜味

葛粉は、りんごを入れずにを減らして練るとプルプルのわらび餅風になります。
きな粉や蜂蜜をかけて食べても美味しいですよ。

備考

■甘さが少し欲しい時は、火を止めてからハチミツを加えます。
(生ハチミツは加熱すると酵素やビタミンが損失してしまうので)

■片栗粉はじゃがいもでんぷんなので、体を冷やしてしまいます。このレシピには代用できません。