アボカドガナッシュ。

このレシピについて

良質な脂質は女性にとって大切な栄養素。
肌や髪や爪のハリとつやを保ためにも、タンパク質と一緒に良質な脂質もしっかり摂って、アンチエイジングしましょ。

ビタミンE豊富なアボカドと、浄化作用の高いギー、
そしてポリフェノールたっぷりのカカオパウダーを混ぜるだけで出来る
体においしいガナッシュ(=生チョコ)です。

甘さはお好みで。
ハチミツやアガベシロップを混ぜてもいいですね。

濃厚なので、少量で満足できるデザートです。

“もりくみこ”
もりくみこ

家族の体は、お母さん、お父さんの作るご飯でできている。「こだわるけど、とらわれない」を基本に、簡単シンプルレシピをお届け。

コツ・ポイント

■羅漢果は「ラカント」などではなく、ネットで無農薬のものを選んでください。

材料

(作りやすい分量)
・バターまたはギー(ヴィーガンの方はココナッツオイルで)…大さじ2(25g)
・アボカド…1/2個
・カカオパウダー(またはココアパウダー)…大さじ2(10〜12g)
・自然塩…ひとつまみ
・バニラエッセンス …少々
・糖質ゼロの天然甘味料(好みで羅漢果やキシリトールなど)…大さじ1〜味をみて調整

作り方

アボカドガナッシュ。

バターorココナッツオイルは湯煎で溶かしておく。
ボウルにバター以外の材料をすべて入れ、
つぶしながらよく混ぜる。

アボカドガナッシュ。

そこに溶かしバターorココナッツオイルを加え、固まらないように手早く混ぜる。
(フードプロセッサで全てを撹拌してもOK)

アボカドガナッシュ。

なめらかになったら容器に移し、冷蔵庫で1時間以上冷やし固める。出来上がり。
冷蔵庫で1週間保存可能。冷凍保存もできます。

アボカドガナッシュ。

冷凍庫で冷やしてアイスのように食べても美味。お口の中で溶けます。
アンチエイジングに欠かせない栄養素が詰まっていますよ。

栄養素

エネルギー
326 kcal
タンパク質
3.5g
脂質
33.6g
炭水化物
8.0g
食物繊維
5.6g
塩分
1.5g