このレシピについて

太陽の恵みたっぷり!
夏バテ防止に、ミネラル補給にぴったりの
元気の出るそうめんです。

トマトのリコピンはオリーブオイルと合わせることで、
体への吸収率がグンと良くなるんですよ。

火を使わず混ぜるだけで作れるタレだから、
夏休みのランチにも最適。
普通のそうめんに飽きたら、ぜひ試してみて。

“もりくみこ”
もりくみこ

家族の体は、お母さん、お父さんの作るご飯でできている。「こだわるけど、とらわれない」を基本に、簡単シンプルレシピをお届け。

コツ・ポイント

■トマトつゆも、そうめんも、しっかり冷やすと美味しい。
■大葉やバジルも合います。

材料

(2人分)
・そうめん…2〜3人分
・好みのトッピング(大葉、バジル、みょうが、揚げなす、焼きズッキーニ、オクラ、鶏ささみ、パルメザンチーズ、冷しゃぶ等)…お好みで

■トマトだれ
・麺つゆ…大さじ4〜味をみて調整
・トマトピューレ(または生のトマト。またはトマトジュースやホールトマト、カットトマトでもOK。)…1カップ(生のトマトなら2〜3個)
・トマト(1cm角に切る)…1個分
・ガーリックパウダー… 少々
・オリーブオイル…大さじ2

作り方

トマトだれの材料をすべて混ぜ合わせる。
生のトマトを使う場合は、めんつゆと一緒ミキサーにかけてから、オリーブオイルとガーリックパウダーを混ぜる。

(トマトはミキサーにかけずに包丁で細かくしてめんつゆに混ぜるだけでもOK!食感を残したい方はこの方法で。)

そうめんを通常のゆで加減より20秒ほど早めにあげて、少し固めにゆで上げる。(アルデンテな感じに)

器にトマトだれ、そうめんを盛りつける。
大葉、バジル、揚げなす、焼きズッキーニ、オクラ、パルメザンチーズetc、お好きなトッピングを添えていただきます。

自家製醤油麹でも。

■作り方はこちらを参照
混ぜるだけ。生きた調味料、手作り醤油麹。
ツナや冷しゃぶ、オクラなどを加えても美味しいですよ。

太陽の恵みたっぷり!元気の出るそうめん。
余計な調味料は必要なし。
トマトのグルタミン酸(うまみ成分)でダシいらずです。

栄養素

エネルギー
652.6kcal
タンパク質
13.4g
脂質
23.8g
炭水化物
93.4g
食物繊維
5.6g
塩分
6.5g